カードローンの利用とフラット35sの関係

キャッシングベスト3

カードローンを使うとフラット35sは申し込めないのか

今、賃貸マンションに暮らしているのですが改めて新居を購入しようかと夫と話し合っています。その時、フラット35sを利用したいのですが過去にカードローンでキャッシングをした経験があり、今も返済しています。それでも住宅ローンを組むことは出来るのでしょうか?

カードローンのキャッシングがあっても年収400万以上で融資可です

賃貸マンションに住んでいるひとにとって、憧れのマイホーム。自分の兄弟や近所のひとなどが新築の家に引っ越しをするなんて話を聞くと羨ましいなんて感じていたけれど、それが遂に自分も家を持つことになるのは嬉しい話ですよね。

けれど、自分の家を建てるためにはかなりのお金が必要になります。貯金で賄えれば問題ありませんが、なかなかそういうわけにもいかないのがお金の事情です。

そんなときに頼りになるのが、銀行などで扱っている住宅ローン。更に2003年に誕生した「フラット35」というシステムを取り入れれば、変動してしまう金利が長い間続く返済でも固定の金利で返済していくことが出来るので、借り入れた時点での返済計画が立てやすくなり、金利が上がることもないので負担が増えるという事態にもならない、利用者に優しい商品です。保証のお金も無料で返済期間のトラブルにも対応してくれるので、非常に安心出来、メリットも多いです。

また「フラット35」を申し込んでいることで利用することが出来るのが「フラット35s」。フラット35sは、地震に強い家やエネルギーの節約になる省エネの家を建てるときに、指定された期間だけ一時的に金利を引き下げることが出来るシステムです。毎日の生活をギリギリで遣り繰りしている家族にとっては、嬉しいものです。

そんな住宅ローンのフラット35sですが、カードローンなどのキャッシングの経験があり今も返済を続けている場合、申し込み出来ないのではないかと思われがちなのですが、実は出来るのです。

それには年収と借り入れ状況によって条件があります。400万円に満たない収入の場合は借り入れの割合が30%以下、400万円を超える収入があるなら35%以下の借り入れで、フラット35sの申し込み条件はクリア出来ます。

借り入れたお金の返済をしているうえで、住宅購入を考えているのなら一度、金融機関の窓口に相談してみることをおすすめします。借り入れている金額が高額であるならば、すべて完済してから申し込む方が確実にフラット35sを利用することが出来るでしょう。

フラット35s審査対策!カードローンの借入がある人は必見!

フラット35は長期固定金利の住宅ローンで、銀行が窓口になっている住宅金融支援機構による融資です。ローンを担保として債権を発行することで資金を得ているので、その分返済の負担が楽になるという商品ですね。金利の安さではとっても優秀ですから、住宅ローンを考える方ならば一度は選択肢に入れたことがあるのではないでしょうか。

さて、そのフラット35の商品のひとつに、フラット35sというものがあります。これは、フラット35の審査基準に加え、ワンランクアップした基準をクリアすることで、さらに金利が引き下げられるというものです。その基準とは、省エネルギー性、耐久性・可変性、耐震性、バリアフリー性のうち、1つ以上の条件を満たすことで、検査機関による審査を受ける必要があります。

この審査に通るには、数々の細かな基準をクリアするような設計にするしか手段がないのですが、このs部分の割引き云々の前に、やはり基本の審査に通るかどうかが肝心ですよね。省エネルギー性などの基準を満たすにはそれなりの費用もかかるでしょうし、ここでかけた手間を、土台部分の審査で無駄にしてしまったら、なおさら残念なことになってしまいます。

もしも、今現在カードローンの借入がある方は、審査に通るかどうか心配ですよね。特に、人気の低金利のフラット35sですから、どうしても通りたいところです。もしも今現在借入があっても、ちゃんと返済できているのであれば、特に気にすることはありません。しかし、どこまでが大丈夫なラインなのか、微妙な場合だってあります。そのため、このような心配要素は極力排除しておくに越した事はないでしょう。

ただし時間的余裕があればの話なのですが、やはり完済しておけば安心ですよ。住宅ローンが借りれるかどうかの瀬戸際なのですから、やはりここは念には念を入れておきたいところです。やれることはやっておいた方が、後で後悔せずに済みますよね。完済したら、どうせなので解約までしておきましょう。もしも解約から審査までに十分時間があれば、お金を借りた記録も消えてしまいますので、ちょっとした期日遅れのあった方でも安心です。これには1年間かかるので、ここまでは待てないかもしれません。しかし、とりあえずは解約してあれば十分だと考えられます。

そして、もしもフラット35sの審査に無事通れば、またカードローンを新たに申込めばいかがでしょう。住宅ローンを組んで、持ち家でローン返済中という、新たな属性も上書きせねばなりませんから、いずれにしても審査は受け直した方がいいんです。その審査結果による新たな限度額が、住宅ローンを抱えた上で適切な、新しい限度額ということになりますね。

確かにローン返済分はどうしても出費は増えるかもしれませんが、家を持つことによって、働いたり節約したりする動機はうんとアップしています。また、実は信用もアップしているんですよ。持ち家のある人は、それだけ頑張って返済をしてくれるからです。このように、新しい申込においては、不利になるばかりとは限りません。新たなカードローン審査を受け直すためにも、フラット35sの審査を必ず通るよう、準備を整えておくことが大切ですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.