プロミスの年利は他の会社とどう違うのですか?

初めてキャッシングをしようと思います。どこが良いとか分からないので金利の安いところを探していたんですが、その中でも消費者金融のプロミスの年利が特に安いようです。他の会社も安い年利にしてあるようですがどう違うのか気になっています。

プロミスで借入をするならどこよりも安い年利を生かす借り方が大切

お金が必要な時に頼れるのが銀行や消費者金融のキャッシングシステムですが、身近ではないところからお金を借りるということをすると必ず金利(年利)が発生します。

これは、お金を貸す側に認められている正当な権利なので自分が借りた分だけを返すというわけにはいかないのは仕方のない話ですが、それでも少しでも低い金利の設定してあるところで借りたいというのが借りる側の気持ちであることも確かです。

有名な大手の消費者金融の中でも特に人気なのが「プロミス」です。プロミスの金利は、4,5%から17,8%で他の消費者金融よりも低い金利に設定してあり借りる側にとってもかなり嬉しいものなのですが、その低さに惹かれて考えなしに選ぶと、上限金利を18,0%に設定している他の消費者金融よりも返済総額が多くなってしまうかもしれないのです。

何故かというと、プロミスでは借り手の返済期間が残り少なくなってくると、返済金額の設定を下げて少しでも返済期間を長くしようとします。返済期間が長引いてしまえば、それに伴う金利も余分に発生してしまうことになり、18,0%の金利設定にしてある他社よりも結果的に支払い総額が増えてしまうということになるからなのです。

どこよりも低い金利のプロミスで賢い借り入れをするためには返済期間が終盤になったら一括返済などのシステムを利用して、いたずらに返済期間を長引かせないことも大切だということを覚えておきましょう。

年利が低い!プロミスで借りる利息の底値をリサーチ!

プロミスは、女性にも借りやすさで人気の消費者金融です。でも、その心安い雰囲気以外にも、実質的にとてもお得なカードローンを利用できるのが、このプロミス。その年利を見てみると、17.8%と、他の業者の横並びの年利に比べると、0.2%低いのがプロミスです。

「たったの0.2%?」と思う方も居られるかもしれませんが、「ちりも積もれば山となる」という格言がピッタリなのがこの利息の世界。「このくらいならば大丈夫」と慢心していると、えらいことになってしまうことがある一方で、地道に節約すれば必ず成果が出てきます。ですから、小さな金額といっても、決して馬鹿にしてはいけませんよ。「1円を笑う者は1円に泣く」とも言われますが、まさにその通りなんです。

では実際に、その利息の金額について見てみましょう。もしも30万円を1年かけて返済するとしましょう。プロミスの年利17.8%を適用すると、返済総額のうち、利息の金額は29,710円です。これを18%の年利で計算しなおしてみると、利息の総額は30,044円で、334円の差がつきました。これだけでも結構な額だと思いませんか?たったの0.2%だといっても、実際の金額ではこのくらいの差になって出てきます。

しかも、これは一度借りてずっと返済だけしていたケースの比較です。通常は、返済しながら何度も借入を繰り返して利用することが多いのがカードローンですよね。実際には、1年間の間に何度か借入があるはずですから、この差はもっと大きくなってくることが考えられます。

さらにこの上、プロミスには30日間無利息期間のキャペーンがあることが見逃せない点ですよね。もしも、この期間中に返済できてしまったとしたら、何と年利0%、利息は0円でお金を借りれてしまうことになります。カードローンは長く使うものですが、初回一度だけでもこんな借り方ができればラッキーですよね。レジャーや旅行など一時的な利用をする場合に、スケジュールを組んでタイミングよく借り入れてみるといいですね。

しかし、一般には30日間の間に借入と返済ができるようなケースは限られてくるでしょう。通常は、数ヶ月かけて返済するところ、最初の一ヶ月が無利息になります。この場合、申込の翌日から無利息期間のカウントが始まりますので、契約後すぐに借入れれば、丸々一ヶ月が無利息で利用できますよ。

実際に計算してみると、30万円を1年間借りたとして、実際に年利のカウントが始まるのは1ヶ月後ですので、返済すべき利息の総額は27,349円になります。さきほどの計算よりも、さらに2,361円も安いという結果が出ました。この無利息期間は初回の30日だけですから、これ以上は安くならないのですが、それでもお得ですよね。

年利の数字は細かいものですから、そこから実際の節約にはなかなか直結しないものです。しかし、実際に支払う利息の金額で見て行くと、それだけでもこのようにかなりの額になってきますね。しかも、これが何度も繰り返し積み重なっていくのですから、数年後には総額でかなりの差になってくるはずです。プロミスの低い年利と無利息期間を上手に利用することで、お得なキャッシングを実現したいものですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.