じぶん銀行のカードローンでは増額出来なかった理由

じぶん銀行を利用しています。今のご時世に合ってるのもあるけど、なにより便利です。もしもの時のために、じぶん銀行のカードローンの申込みもしておいたのです。人生何があるのかわかりませんから。でも、近く、実家の取り壊しと移築に伴って、引っ越しをしなくてはいけなくなり。親に頼む年でもないし、実家住まいをしていたのですが、自分で引っ越し代を負担しなくてはいけなくなって、ちょっと焦っています。
(⇒何があるか分からないからこそ欲しいカードローン

就職はしていて、返すあてはあるので、カードローンを利用しようと思ってるのですが、希望の金額には足らなくて、借りる金額の増額を申し入れたんですが、審査に通らなかったのです。なぜなんでしょうか。まあ、希望の金額ではないけれど、借りることができるからいいか、と思って、オペレーターの人には尋ねなかったのですが。

増額の審査基準は、返済の実績をみて判断されるのです

希望していた事柄が拒否されると、茫然となってしまいますよね。オペレータの人に増額できなかった理由を咄嗟に尋ねることができなかったのは、わかる気がいたします。そもそもカードローンの増額を申し込むときは、最初に申し込んだ限度額以上のお金が必要になったときに申し込むことが多いでしょう。すでに借りている人が、もっと借りる必要に迫られたときに、限度額を増額することがセオリーなのです。

大体は、すでに借りている人が規約通りに返済をしており、収入や勤務先状況などにも変わりがない状態の時に、増額の許可が下りるのです。結局は、返済実績といったらよいのでしょうか。そういった実績があるかどうかが、増額できるかどうかの審査結果になってくるのです。

【参考ページ】
カードローンを増額するための大前提

じぶん銀行のカードローンで増額出来なかったことについて

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行と昔のKDDIだったAUが共同出資して開設した銀行で、インターネットやスマートフォンから利用が行えるようにそれ専用に作成したインターネット銀行です。こちらではより多くの方に対して融資を行えるようにカードローンを設けています。しかしじぶん銀行のカードローンの申し込み条件は厳しく、消費者金融キャッシュワンの会員となっていることが必要です。このような厳しい申し込み条件を設けているのはじぶん銀行カードローンはインターネット銀行ですので、他人が他人を装う成りすましや、不正アクセスの恐れなど金融業務を行うにはリスクが大きい媒体を使用するため、信用性の高い相手に対して行うことでそのようなリスクを回避しようとしているのです。
(⇒スマートフォンはカードローンにも活かせます!

そして申し込み条件であるキャッシュワンは消費者金融で、そこの会員となる際は、借主の返済能力や信用情報についての調査を行いますから、じぶん銀子に融資を申し込むときにはすでに消費者金融で返済の応力があるということの確認が取れているという状況であるということになります。そのためじぶん銀行は之繞ある借主だけを相手にすることができるのです。じぶん銀行は厳しい申し込み条件を設定するだけあって、審査に通った後のサービスは非常に丁寧で、借主のことを考えています。そのぐらい例は利用限度額を増額しようとした場合にあります。

利用限度額を増額することは通常のカードローン業者であれば認めていないところもあります。それは利用限度額の増額は銀行にとっては再度審査を行うという手間と、より多くの融資を行うため返済を受けることができないというリスクを負うということになります。そのた目銀行側は積極的にこれを認めないのです。こちらの銀行はこれを行うことを公式サイトで認めており、カードローンセンターに電話することで再度審査を行うことになり、通ると増額が可能になります。増額出来なかったという方は、返済能力や信用情報に欠損があり、増額後の利用限度額を融資するだけの信用がなかったということです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.