じぶん銀行のカードローンの申し込み、嘘は書かないほうがいい?

審査が甘めなカードローンを探していて、じぶん銀行のカードローンに申し込もうと思っています。自分には他社に借入が2件ほどあるので審査に若干不安があります。そこで借入金額をすこし少な目に書こうかと思っているのですが、やっぱり申込時の嘘ってばれてしまうものなのでしょうか?

虚偽記載は必ずばれますので、嘘は書かないようにしましょう

カードローンに限らず、融資を受けるような金融サービスを利用する場合、申し込みする際に記入が必要な他社借入などの情報に虚偽記載があると必ずばれます。どうしてばれてしまうかというと、それは審査があるからです。じぶん銀行の融資の審査は消費者金融のアコムが代行して行っています。審査がどこで行われても金融機関で融資を受ける際の審査では、個人の信用情報の照会が行われます。そのため借入金の有無などの情報はわかってしまうのです。審査を通りやすくするために嘘を書いたとしても、まったく無駄なのです。そればかりか実際には審査に通る範囲内の借入であったとしても、虚偽の記載で信用に問題アリということで、逆に審査に落ちる原因になることも考えられます。ですので、カードローンの申込時に記入する他社借入件数、金額などはきちんと正しいもので申込みするようにしましょう。

今回はあえて借入金額を少な目に書こうとされていますが、申込時の記載内容は故意ではない単純な記入ミスであっても虚偽記載とみなされることがあります。住所や電話番号などの情報であっても記入にミスがあれば審査に落とされる原因になるのです。カードローンなどは個人に対して金融機関が融資を行うものです。じぶん銀行は比較的審査が甘いといわれていますが、審査が甘い厳しいに関わらず必ず審査で信用情報の照会があります。虚偽の記載はもってのほか、記入ミスなどがないように申込時には注意しましょう。たった1文字の記入ミスで審査に落とされることもあります。嘘を書いても意味はありませんので、審査に通りたいのであればまず正直に記入して申し込むことをおすすめします。

じぶん銀行カードローンの申し込み嘘書かない事は本当に大切なの?

最近注目されている金融機関に、じぶん銀行があります。携帯電話やスマートフォンでの利用がメインとなっている銀行ですが、もちろんパソコンからでも取引することができます。じぶん銀行の特徴にはいろいろありますが、一番は金利が高く手数料が安いことが挙げられます。実在の店舗を持たない分さまざまなコストもかからず、その分が利用者に還元されているといえます。そしてじぶん銀行では、とても便利なカードローンも利用できます。借入限度額が500万円と高い上、利息も年3.9%~と非常に低いのが大きなポイントです。無料で利用できる提携ATMが多いので、さまざまなコンビニや銀行のATMを利用して、いつでも借り入れや返済ができる事も魅力の一つです。(参考ページはこちら→カードローンにもスマホをフル活用してみよう

そして手続きも、パソコンやスマートフォンで一歩も動くことなく終了することが可能です。さらに提出書類もかつてないほどシンプルです。じぶん銀行に口座を持っている場合、300万円以内の借り入れであれば、書類を提出する必要がないのです。それでは、カードローンの申し込み書に嘘を書いても大丈夫なのでしょうか?答えはじぶん銀行カードローンの申し込み嘘書かないことが、大原則です。でも書類を提出しないのなら、嘘を書いても分からないのでは?と思ってしまいます。しかし申し込み書に嘘を書いても、審査が行われる段階で分かってしまいます。さらに勤務先への在籍確認も行われますから、自然と発覚する仕組みになっているのです。嘘を書いたことで、審査の結果が大きく変わることはないのです。
(⇒勤務先への在籍確認について知っておきたい事

仮に嘘が分からなかったとしても後々の返済が大変になり、自分が苦労するだけなので、無駄な行為といえます。ですからじぶん銀行カードローンの申し込み嘘書かない事は、非常に大切なことなのです。しかし24時間いつでも利用できるじぶん銀行カードローンは、忙しい人の強い味方といえます。手軽に利用して、充実した人生を送るためにどんどん活用したいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.