カードローンのモビットを使う経営者って?

キャッシングベスト3

カードローンのモビットは経営者が使うと優遇される?

経営者といえば多くの人が持つイメージは似ていて、社長でありお金持ちであるというイメージがあるでしょう。しかし実際には生活や会社の財務に四苦八苦しているという人たちも多く、経営者だからといって恵まれているという人ばかりではありません。

しかし経営者という響きは今でも社会的に一定の価値を持っていると思うので、モビットなどを使うときにはそれなりに優遇してもらえるんじゃないかと思っています。モビットは特に借入のハードルも低いですし、経営者が使っているならそれは優遇措置があるんじゃないかと睨んでいますが、当たっていますか?

経営者でもカードローンのモビットは優遇は絶対にしない

経営者のイメージは確かに言っているように、お金持ちなイメージで外車などに乗っているという人も多いかもしれません。そういう成功者もいる一方で、会社で給料が払えないというような人もいるので一概には言えないものです。カードローンのモビットを経営者が使うことは別に優遇してもらうためではありません。

カードローン業者は経営者は安定せず、借り入れを返済する能力が一般従業員よりも低いと見ている所も多いのです。もちろん収入が多ければそういうことはありませんが、収入がそこまで多くないと正社員よりも借り入れしづらい場合があります。

一般の人もパート・アルバイトの人も使うでしょうが、同じ理由で経営者も使っていると思っていいでしょう。優遇されることなんてないしむしろあまり好まれないのです。

【参考ページ】
カードローン審査で基本的に大事な事

経営者の方のモビットカードローン申込み

モビットのカードローンは、20歳以上69歳以下の方で安定した収入のある方であれば申し込みをすることができます。パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方も申し込みができるので、経営者の方であっても申し込みをすることができます。利用限度額についてですが、1万円から最大で800万円まで融資が可能となっています。最大で800万円というのは正社員の方の利用限度額となります。その他の雇用形態である自営業やパート、アルバイト、嘱託、派遣社員の方であると融資基準は公表されていないのですが、他のカードローン会社も同様に、例えばアルバイトであれば30万円までを限度とする、自営業社の方であれば100万円までが最大の限度額とする内規がありますので、経営者の方は500万円を借りたくても満額借りることはできません。
(⇒どうして安定していない仕事は借りにくいのか

自営用の方ですと、正社員の方と比べて収入が不安定であると見られていますので、限度額は正社員の方よりも抑えられています。申し込みについてですが、パソコン、携帯電話、スマートフォン、郵送、FAX、ローン申込み機で申し込みができます。申込みをしましたら、メールもしくは電話にて審査結果の連絡がきます。審査の結果ですが、最短で30分程度で連絡がきます(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 )、そして、自宅にモビットカードと申込み書や契約書類などが郵送されてきます。届きましたら入会申込書に必要事項を記入して返送します。

これでモビットーカードローンへの入会手続きが完了します。借入の方法ですが、銀行口座へ振り込みか全国のモビットと提携せいている金融機関のATMやコンビニエンスストアのATMでもカードを利用することが可能です。返済にも提携ATMを利用することができます。提携先ATMを利用する場合の注意点ですが、利用手数料がかかります。月1回返済で提携先ATMを利用していると、1回あたり最大で216円の手数料でその12ヶ月ですので、2592円かかりますので注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.