アルバイトカードローン勤務確認の電話がやってくる?

よく在籍確認の電話が来て働いているかどうかというのを確認するとカードローンの口コミでは言われていると思います。実際にそうだと思うんですが私はアルバイトで働いているのです。アルバイトもやはり同じような形で在籍確認をされるのでしょうか。

正社員と違ってアルバイトカードローン勤務確認はちょっと違ったりするんでしょうか。アルバイトカードローン勤務確認の場合はちょっと変な感じになったりしそうに思えますが…

アルバイトカードローン勤務確認は職場に同じようにある

正社員と非正規社員とでは待遇も違うからカードローンの業者も扱いが違うのかな?と思いがちですが、そこまで変わるわけではありません。ただし会社の代表電話、つまり本社に電話をしたところでアルバイトの人が働いているかどうかを確認できない場合が飲食チェーン店などでは多々あります。ですので働いている店舗に直接電話をしてもらうことになるでしょう。

例えばチェーンの居酒屋であれば東京にある本社に連絡をしてもらうのではなく、働いている店舗に直接連絡をしてもらうことになります。となれば代表の本社の電話番号や本社の所在地などを書いてしまうと、本人確認が出来なかったということで審査に通らなくなる可能性もあるでしょう。ですから申し込みをするときには慎重に行わないと行けません。

また直接連絡をされると変な感じになるという職場もあるかもしれませんが、アルバイトであれば申し込みをした当日と次の日、アルバイトカードローン勤務確認があるであろう日にはできるだけ積極的に電話を取るようにした方がいいでしょう。そうすれば誰かにバレるということもないので変な空気になるということもないでしょう。

アルバイトカードローン勤務確認で気をつけるべき点はその辺りかと思います。もちろんアルバイトやパート以外にも派遣社員であるとか契約社員という立場の人もいるでしょう。しかしそういう人ならばアルバイトカードローン勤務確認と違うのか?というとそうではなくて、働いている人ほとんどが同じような形で勤務しているかどうかを電話確認されることになるのが、カードローンなのです。

【参考ページ】
在籍確認はどんな事が起こる?

アルバイトカードローン勤務確認はあるの?

アルバイトカードローン勤務確認というのはカードローン申込先の会社、又はカードローンの内容によってあるかどうかは異なります。アルバイトカードローンの申し込みをすれば必ず勤務確認があるというわけではありません。まず、アルバイトカードローンの申し込みをするときに収入証明を提出するかどうか、ここが一つのポイントです。基本的に消費者金融へ申し込むときは必ず収入証明が必要となります。そのため、ほとんどの消費者金融は本当に勤務情報が正しいのかをチェックするので、勤務確認があるものと認識しておくほうが良いです。

銀行の場合はアルバイトカードローンの申し込みで収入証明が不要となることがあります。つまり、身分証明だけで簡単に申し込めるので、この場合は勤務確認はほとんどの場合はありません。自宅の固定電話に個人情報があっているかどうかの確認電話があるくらいで、本当に簡単に審査に通ることが出来ます。しかし、収入証明不要でカードローンの申し込みをしても限度額を高額として希望する場合など、収入証明が必要となることがあるので、この場合は勤務確認が実施されると思っておくほうが良いです。

上記のようにアルバイトカードローン勤務確認というのはカードローンの申込時に収入証明を提出するなら、ほとんどの場合は勤務確認が行われると認識しておきたいところです。逆にカードローン申込時に身分証明だけで申し込むときは勤務確認はほぼないと思っておいて良いです。

ちなみに勤務確認の内容とは、アルバイトをしている勤務先に金融会社から電話がかかってくるだけです。その電話内容は個人名で電話がかかってきて、カードローン申込者がその職場で勤務しているかどうかを確認されるだけなので、本当に簡単な内容の電話です。アルバイトカードローン勤務確認があるとしても、それほど心配することはなくとても簡単な内容なので、しっかりと電話に応答して勤務確認を終えると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.