バイトがカードローン審査に通るためのコツ

キャッシングベスト3

カードローン審査にバイトでも通る為には何かコツがありますか?

なかなか正社員になれず、いまだにバイト生活です。でも今の職場でもう3年以上勤めていますので、正規雇用も夢ではありません。

最近引越をしたのでお金が足りず、少し借りようと考えています。でもカードローン審査ではバイトだというだけで不利じゃないかと心配です。バイトが審査を受ける時のコツってありませんか?(参考ページはこちら→アルバイトのうちからカードローンを使うなら

バイトの審査には収入証明書を添えるのも一つの方法です

消費者金融でも銀行でも、カードローン審査の条件に必ず入っているのが「安定した収入があること」です。銀行カードローンの場合、専業主婦や年金生活者など、本人が働いて収入を得ていない場合もお金を借りれるようになっていますが、それも例外的な位置づけです。多少でも自分が収入を得ていることが、どのカードローン申込にも必要なんですね。

アルバイトであっても収入であることには変わりありませんから、その点はどこでも堂々と審査を受けることができますよ。ただし勿論正規雇用の人に比べてしまうと、若干審査のポイントが低いというのも事実です。しかしこれだけで審査に落ちてしまうということはありませんから心配無用ですよ。

たとえば勤続年数は非常に大きなポイントです。現在はアルバイトであっても、それだけ長く勤めていれば収入は安定もしますし、簡単に仕事を辞めるということもないでしょう。また正社員になるチャンスも近くなってきます。勤続年数が2年以上あれば、かなり安心して審査を受けることができますよ。(参考ページはこちら→勤続年数を融資審査に活かしてみよう

その場合、収入が安定していることや勤務先が確かなものであるということを、より強調しておくのもいい方法です。年収については一定額以下の借入であれば、通常は申込書に金額を申請するだけで構いません。しかしここは年収の証明書である源泉徴収票を添えて提出すれば、年収や勤務先の裏付けとなってよりポイントは高くなるでしょう。

また勤務先への確認電話についての配慮も重要ですよ。バイト先の勤務状況によっては、在籍確認がスムーズに行われない場合があるかもしれないからです。電話の担当者が決まっているような職場であれば問題ないのですが、忙しいお店などでは業務の合間に手が空いた人が随時電話に出ますよね。事情を知らない人が電話に出ると、確認がとれない場合もあります。

そのような心配があるときには、カード契約をするので確認電話があるということを一言勤務先の人に断っておいた方がいいかもしれませんよ。その他の条件は何とかクリアしていても、在籍確認でひっかかって審査に落ちてしまうのはいかにも残念です。準備次第では何とかなることなので、ぜひ在籍確認を前提に、職場の状況を見直しておくことをお勧めします。

バイトでもカードローンの審査に通る可能性は充分ある

警備員や建設現場の作業員のアルバイトは、時給は高いものの、毎月の収入は不安定になる場合があります。というのは、雨で仕事が休みになるということがあるからです。警備員の仕事は屋内を巡回すること以外に、道路工事の現場での交通整理というのもあります。なので、警備員の仕事であっても、雨で休みになるということがあるわけです。収入が不安定ということは、お金が足りない月も出てくる可能性があるということなので、保険をかけておくためにカードローンに申し込んでおきたいというアルバイトの人も少なくないでしょう。生活費が足りなくなるという時に、カードローンの契約をしていれば、カードを使って生活費の補充が可能だからです。家族や同僚からお金を借りるというのはリスクがあることなので、カードは持っておいて損はありません。

しかし、アルバイトであっても審査に通るのかと不安になって、申し込みを躊躇する人も少なくないでしょう。また、審査を申し込んで落ちた場合、それが周囲の人に知られてしまうのではと考えている人もいるかもしれません。実際の所はどうなのかというと、アルバイトのような非正規雇用者であっても、カードローンの審査に通る可能性は充分あります。正社員との契約と比較した場合、違いは借り入れの上限額が低く抑えられる可能性があるということです。たとえば、正社員だと上限額は50万円で、アルバイトは30万円といった差はつく可能性があります。ただ、生活費が足りなくなった時に補充出来るぐらいの金額は充分借りることが出来ます。

審査に申し込んだ、あるいは落ちたという情報ですが、これは、借り入れを申し込んだ人の周囲に知られることはありません。確かに、在籍確認と言って、勤め先にローン会社から電話がかかってきますが、この際、ローン会社の担当者は個人名でかけてくるので、ローン会社から電話がかかってきたということを知られる心配はないのです。(参考ページはこちら→在籍確認とはどんな事をする?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.