パート・アルバイトだとカードローンの審査が難しい理由

カードローンを使うのに非常に難しい職業といえば、正社員ではなくて非正規社員であるパート・アルバイトでしょう。パート・アルバイトについてはカードローンでもかなり不利な扱いを受けるというのはよく知られていることです。

しかしどうしてパート・アルバイトというのは収入も少なくて、必要としているはずなのに悪い扱いを受けるのでしょうか。ほんとうに必要な人が借り入れできるようになるのがベストだと思うんですけれども…

パート・アルバイトの借り入れが難しいのは不安定だから

確かに言うことはよくわかりますしお金がないからこそお金を借りるというのが当たり前だとは思います。ただ、当たり前というのはそのとおりとしても、パート・アルバイトのために消費者金融やカードローンがあるわけではありません。あくまで民間企業ですしちゃんと儲けを考えないと行けないわけです。だからパート・アルバイトのような不安定な職業には貸しにくい、というわけです。

これはパート・アルバイトだけではなく自営業者やフリーランスとして働いているような人、芸能人のような人にも当てはまります。芸能人にしてもフリーランスの人でもそうですが、たくさん稼いでいる人も少なくありません。それこそ正社員の倍くらいの収入があったとしても、カードローンを借りるときにはなかなか借入枠が大きくならないということもあるのです。
(⇒自営業でも融資を受ける事は難しい?

住宅ローンや自動車ローンでも同じようなことがあるんですけれども、パート・アルバイトや自営業者などのフリーランスに共通する点は収入の大きさよりも不安定性です。つまり不安定な生活をしているということが最も大きな理由になって、カードローンやその他のローン商品を使いにくくさせているというわけです。

パート・アルバイトでカードローンを借りやすくするために、一生懸命働いて収入を増やしているという人もいるかもしれませんが、そこまで大きな効果が無いことにショックを受けていることでしょう。安定性のある収入を得なければ評価はされづらいでしょうから、できれば正社員に変わるほうがいいかと思いますよ。

【参考ページ】
決して借りられないわけじゃないパートとアルバイトの身分

パートでも利用できるカードローンについて

カードローンはとても便利な金融サービスとなっているため、多くの方が契約をして利用するようになっています。パートタイマーの方は契約しづらい印象がありますが、勤続年数や配偶者の収入証明をすることで簡単に契約をすることができます。パートでは審査が厳しい印象もありますが、収入の確認ができれば契約を行うことはそれほど難しくはありません。最近は銀行系のカードローンでもこのような雇用契約の方でも契約を行っていくことができ、より便利に利用できるように工夫がされるようになっています。以前はカードローンを利用することを敬遠していた方でも、イメージの改善がされた金融会社ではとても多くの方が利用するようになっており、上手に活用することによって生活にゆとりを持つことができるので、頻繁に利用をする方も多くなってきています。
(⇒配偶者に収入があれば主婦でも融資を受けられる

パートタイマーではそれほど大きな金額を融資してもらうことは難しくもありますが、その分返済に困る心配も少なくなっており、自分のペースで利用できるようになっています。契約の際に返済プランについて相談をすることもできるため、丁寧な対応で安心して利用ができるように金融会社側も配慮をしています。また利用を重ねていくうちに増額を提案されることもあり、より活用の幅を広げていくこともできます。

増額が必要と感じなくても多くの金額の枠を持っておくことで金利をよりやすくしていくこともできるので、このような機会には積極的に契約の見直しを図っていくことも便利な活用方法となります。このようなカードローンはしっかりとした計画性を持って利用することが大切なため、サービスを選ぶ際には返済のしやすい環境のものを選んでいくことも大切です。最近は全国のコンビニでも返済ができるようになっており、インターネットにも対応をしていることも増えているので、自分の生活環境の中でより返済のしやすいサービスを選んで利用することによって、金利や手数料も抑えて上手に活用できます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.