カードローンは無職の主婦でも申し込めるか

キャッシングベスト3

カードローンは無職の主婦でも申し込めるのでしょうか

私は、出産を機に仕事を辞めた無職の主婦です。仕事の時間が夜に偏りがちだったので、子育てをしながら働くことが難しくて仕方なく退職したんですが、主人の給料だけだと思いがけない出費に対応できないことがあるんです。ボーナスまで含めて考えるとトータルでやりくりできないことは無いんですが、時期的に苦しいこともあって。それでカードローンを使うことを考えました。

だけど、一人で一生懸命働いてくれている主人に、やりくりが難しいからカードローンを使いたいとは言いたくなくて。できれば私が借り入れをして、返済の管理もきちんとして主人には心配を掛けないようにしたいんです。そこで聞きたいんですが、カードローンは無職の主婦でも申し込めるものなんでしょうか

商品は限られますが無職の主婦でも申し込むことはできます

無職の人は、普通はカードローンを使うことってできないのよね。収入がない以上、お金が返せないと判断されてしまうことがその原因なんだけど、その中で例外として無職でも主婦なら借り入れができる場合があるのよね。それはなぜかというと、今あなたがおっしゃったように、ご主人の収入があるからなのよ。個人的には収入がなくても、世帯として収入がある状態ならお金を返すこともできるわよね。だから、主婦の場合は無職でもお金の借り入れができる場合もあるのよ。
(⇒普通の無職はやはり借りられない?

ただし、申し込み先は限られるし、無職の主婦、つまり専業主婦でも利用できる商品しか審査には受からないと思った方がいいわ。もともと、借り入れができにくい状態にあることは確かだから、それでも貸してくれるという商品を探す必要があるというわけね。ちなみに、無職の主婦は消費者金融からお金を借りることができないの。これは、消費者金融が守らなければいけない法律の中に定められた決まりが関係していることだから、例外というのは存在しないものなのよね。

だけど、その決まりは消費者金融が守るべきものであって、銀行はまた別の法律の下で経営をしているから、銀行にはその決まりが影響を与えないの。だから銀行からならお金を借りられる可能性があるのよ。でも、銀行は銀行できちんとお金を返してくれるかどうかという判断をしているから、その中でやっぱり本人に収入がないということはどうしても不利に働くのよね。

だから、銀行が無職の主婦に融資をする場合、例えば利用限度額が低いとか金利がやや高めとか、それでも利用できるような条件にした商品なら申し込めるという場合が多いわね。そういう意味で、無職の主婦でもカードローンに申し込むことはできるけど、商品は限られるということが言えるのよ。

【参考ページ】
専業主婦が内緒でカードローンを使うには

主婦や無職の人でも借りられるカードローン

銀行などのカードローンを利用するためには、申し込み手続きをしてその審査に通らなければなりません。その金融機関の審査というものは結構厳しいものであり、申し込み者が無職の場合などでは、通らない確率は高くなってしまうのです。しかし、それでも決して不可能ではありませんので、最初から諦める必要などもありません。それはキャッシングなどでも同じことが言えます。

たとえば無職であるとは言っても、アルバイトやパートなどで毎月ある程度のお金を稼ぎ続けているのであれば、「定収入がある人」と金融機関に認めてもらえる可能性は十分にあります。特にバイトでも勤続年数が長い人なら、尚更認めてもらえる可能性は高くなります。そうなれば、たとえ定職に就いてはいなくとも、カードローンの審査に通る可能性も十分に出てくるのです。ですから、主婦であってもパートやアルバイトで定収があるのであれば、同じようにお金を借りることは十分に可能なのです。
(⇒勤続年数の多さは融資で強み

ただし、無職である上に完全に無収入状態でもある人の場合は、残念ながらカードローンの審査はますます厳しくなってしまいます。たとえば全く収入の無い専業主婦の場合であれば、審査に通って実際にお金を借りるためには特別な条件が必要になります。それは具体的には、配偶者に安定した収入があるということ、そしてその収入証明書を提出すること、それに借り入れを希望する金額が比較的低いことなどが求められるのです。

また、それ以外にも年金収入がある人の場合であれば、無職であってもカードローンを利用できる可能性はグッと高くなります。しかし、いずれにしても、お金を借りる時には返済のことを忘れてはなりません。何だかんだ言っても、お金は借りるのも難しいですが、返すのはもっと難しいのです。万一、返済で何かトラブルでも起こしてしまったら、周囲に大変な迷惑をかけてしまうことになります。そんな事態を避けるためにも、事前の無理のない返済計画は絶対に必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.