楽天銀行カードローンを主婦が申し込むときの注意点とは?

楽天銀行のカードローンってすごいたくさんいい噂を聞くんですけれども、これって主婦が申し込みをしても大丈夫ですよね?楽天銀行のカードローンだったら主婦でも申し込みができるというように聞いてるんで、申し込みをしようと思っています。

申し込みをするときにはこういうことだけは気をつけておいたほうがいいとか、そういうものはありますか?もし主婦ならこういうことに気をつけろというようなアドバイスがあれば教えて下さい。

楽天銀行のカードローンは主婦専用ページから申し込みを

ネット上では一番と言っていいほど噂が流れているのが楽天銀行であり、実際にカードローンを使っている人も現実に少なくはないようです。この楽天銀行のカードローン、借入のためのハードルも低く、審査も簡単と言われていますが、主婦が申し込みをするなら専用ページがありますからそこの説明をよく読んで、その後に申し込みをしましょう。

この専業主婦などの専用ページがあるということは、それだけ楽天銀行は専業主婦などでも借り入れができるということをアピールしている事になります。実際に借入をしている人は若い人、そして女性が多いとされています。もともとネットショッピング系の会社ですから、女性やネットに親和性の高い若者が多いのは頷けます。

逆に大きな銀行系カードローンであれば、こういう人たちはあまり見かけません。代わりに正社員であるとか、中小企業でも役職を持っているような人たちが借入をしているのです。このことからわかるように、銀行系カードローンの中でも楽天銀行のものはかなり審査が楽であり収入が少ない人達にも門戸を開いているということになります。

楽天銀行カードローンは専業主婦なども簡単に利用できる、申し込みがしやすいということは間違いないでしょう。ただし、その申込がしやすいというものも、審査が楽であるということに直結するわけではなく、審査に落ちてしまう人もいるということは覚えておいたほうがいいでしょう。ですからブラックでもいいとか無職でも簡単にとおるというものではありませんのでご注意を。

【参考ページ】
楽天銀行の主な魅力を解説

専業主婦への貸出に積極的な楽天銀行カードローン

貸金業法による総量規制によって、消費者金融のカードローンを利用する場合は借入額が自分の年収の3分の1までに制限されました。そして、収入の無い専業主婦はカードローンを利用することができなくなりました。従来、消費者金融では専業主婦に対する貸出が行われていましたが、その理由は、生活費や教育費、旅行費用、家財購入費などの借金は日常家事債務であるため、例え妻が行った借金であっても、夫にも返済義務のあることが法律で規定されていたからです。
  
実は、総量規制には配偶者貸付と言う例外規定があり、夫の同意を前提に専業主婦でも消費者金融のカードローンを利用することが認められています。しかしながら、配偶者貸付には夫の同意書や婚姻証明書など必要な書類が数多くあるため、管理の煩雑化を嫌って、配偶者貸付に応じる消費者金融は滅多にないのが実態です。そんな中で、銀行には貸金業法の適用がないことから、専業主婦への貸出を積極的に行っているところがあります。その一つが楽天銀行です。楽天銀行はネット専業とはいえ金融機関であるために総量規制の対象外であり、利用者の年収における法的な制約が無いことが貸出をしやすくしています。(参考ページはこちら→配偶者貸し付けについてもっと詳しくなる
  
さらに、楽天はインターネットを通じたオークションやネット市場を展開しており、顧客の中に占める女性客の割合が非常に多いため、楽天銀行においても専業主婦に対する貸出を積極的に対応するようになっています。夫の同意書を提出する必要がなく、利用限度額も50万円になっており、しかも、貸出金利が14.5%と消費者金融よりも低いことから、消費者金融を利用していた人が楽天銀行に流れています。ちなみに、楽天銀行カードローンからの借入は、インターネットからの申込による口座への振込と、提携ATMの利用があります。提携ATMはローソンやセブンイレブン、Enet(ファミリーマートやサンクスなど)などほぼすべてのコンビニが利用できるようになっており、実店舗の無いことが不都合になることはありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.