無職でも審査が通るカードローンなんて存在するんでしょうか?

そのうち正社員になれると信じてアルバイトをしていたのですが、その勤め先が倒産。私もあえなく無職となってしまいました。雇用保険に入っていたのでしばらくは何とかなっていましたが、貯金も段々減っています。

これでは何かあったら家賃がはらえず、出て行かなくてはならなくなるかもしれません。女性だけにそれだけは避けたいので、お金を借りたいんです。でも無職でも通るカードローンなんてあるんでしょうか。

無職のまま民間業者でお金を借りるのは難しいです

生活費が底をつくと、家賃の支払いができなくなるのが一番困りますよね。というのも、公共料金の滞納をして仮に電気やガスを止められてしまったところで、滞納分を支払えばまた元通りに使えるようになります。また過去の滞納が後々問題になって利用に影響が出るなんていうことも一切ありません。

しかし賃貸住宅の家賃滞納については、最悪の場合立ち退きということになりますが、住む場所を失うというのはライフラインの停止どころの問題ではありません。住所不定になってしまうと、生活に必要なあらゆる契約ができなくなります。お金を借りることはもちろんのこと、アルバイトすら難しくなりますので、生活を立て直すこともできません。それに滞納の記録は後々まで残っていて、部屋を借りるにも新たな賃貸契約の審査になかなか通らないということも起こってきます。

このように家賃の滞納は、その人の生活の質を一気に悪化させる恐れがあります。そのため生活に困っても、家賃だけは滞納しないよう気をつけなくてはなりません。新しい勤め先が見つかるまでの間、家賃の支払いのためにカードローンで補填するというのは、一見すると計画性がないようにも思えますが、このような状況を考えると案外現実的な対処法だということが分かりますよね。

しかし既に無職になってしまっている人には、一般的な業者でカードローンを申込むことは不可能です。無職でもお金を貸すという業者の中には、非常に悪質なものもありますからくれぐれも気をつけなくてはなりません。家賃の期限が迫って焦っていると、危険だと分かっていてもこのような業者でお金を借りてしまうことがあります。そうならないよう、このように追いつめられた状況になる前に何とかしなくてはいけません。

誰にでもお勧めできるという訳ではありませんが、安心して借りようと思うなら、アリバイ会社を使うという方法もあります。ただしアリバイ会社に依頼すれば料金もかかりますし、それを使ってお金を借りれば返済の負担もかかってきます。数ヶ月以内に必ず再就職できるという保証でもない限り、とてもお勧めできる方法ではありません。

そう考えると、やはりまず職探しというのが真っ当な順番でしょう。そのためにハローワークに登録をしておけば、生活が困難になればそこで相談をするということもできますよ。ハローワークは、国の生活福祉資金貸付制度の窓口にもなっているからなんです。失業が原因で生活に困った時には、ひとりで悩まず早い目に相談することをお勧めします。

【こちらも参考に】
失業保険でもお金は借りられる?

無職でも審査が通るカードローンはあるのか

カードローンに限らず、消費者金融のキャッシングなどでもお金の借入れる際の最低条件として利用者に安定した収入があるということが求められています。なぜならば、安定した収入のない人や完全に無職の人などにお金を貸し出してしまった場合、貸したお金が戻ってこない可能性が非常に高くなるからです。そのため、カードローンやキャッシングなどの利用にあたっては無職ではない、安定した収入のある人という条件が設けられているのです。カードローンやキャッシングではお金を借入れるにあたって担保や保証人を必要としません。利用者個人の信用力というものに対して融資が行われるからです。何の面識もない銀行や消費者金融に対して利用者が自分自身の信用力を証明できる最も簡単な方法が安定した収入があるということなのです。(参考ページはこちら→カードローンで大事なのは信用だった?

ですから、過去によほどの金融事故などを起こしていない限り、安定した収入のある人であればカードローンやキャッシングの審査に通過することになります。審査の過程では申込をした時点での借入れの状況や返済の履歴などが詳しくチェックされることになりますが、多重債務の状態や滞納の履歴がない限りは審査の結果に影響はありません。ただし、無職ではあっても年金や不動産収入などがあるような人の場合、これは金融機関側の判断次第ですが安定した収入とみなしてくれる場合もあります。また、正社員としてではなく、アルバイトやパートなどで収入があるような人の場合にも、頻繁に職場を変えるような働き方をしていない限り審査が通る可能性は高くなります

一部の貸金業者などでは無職の人でもお金を借りられることを宣伝文句としているところもありますが、そのような業者に関してはヤミ金などの悪質な業者であることが多く、そのような業者と取引することはおすすめできません。ヤミ金などの業者に一度でも関わりを持ってしまった場合、法外な利息を請求されたり、悪質な取立てを食らってしまう危険性があるからです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.