無職でカードローンは無理なの?秘策があれば教えてください!

来年になると契約が切れてしまうので、そうすると無職になってしまいます。次の職が決まるまでの間、失業保険だけではやっていけないかもしれません。できれば少しお金を借りたいんです。

でも無職になるとカードローンの申込はできませんよね。無職でも何とか申込める方法はないんでしょうか?秘策があればぜひとも教えてください。

無職でカードローンの新規申込みをすることはできません

無職ではどこでもお金を借りることは難しいです!もうこれはどうしようもありません。もしも借りれるようなところがあったら、それは手を出さない方がいいような業者です。お金を借りるには、どうしたって安定した収入がないと無理なんです。

ただし秘策と言われると困りますが・・・無職の状態でもカードローンを利用することは不可能じゃありません。ルール遵守の立場からは決してお勧めできないんですが、確実に返済するという前提の元で、一時しのぎ的にカードローンを使うことはできるかも。それは、まだ就職している状態でカードローンを契約しておくこと。「なんだ!簡単じゃん!」そう思うかもしれませんが、実はこれは綱渡り的な秘策なんですよ。

だって、もしも返済できなければ自己破産へ直行です。次の職が見つかる保証のない状況では、何とも危なっかしい方法ですよね。でもうまく次の職のツナギとして使うことができれば、カードローンの契約更新までは新たに審査を受けることはありませんから、そのまま利用することはできてしまいます。ただし返済できなくなれば、無職の上に延滞が続いて後はもう自己破産しかない状況になってしまいます。しかもその費用ですら、どこからか用立ててもらわなけれなばらなくなります。

このような状況になった場合は、もう国の貸付制度を使ってお金を借りるしかありません。それならばカードローンは使わずに、いっそのこと最初からこの生活福祉資金貸付制度を利用する方がいいかもしれません。この貸付制度を利用する場合、ハローワークが窓口になっているので、まずは求職登録をするのが第一歩ですよ。

でもお金を借りるってなかなか気が重いものです。金利は低いといっても、国の制度をわざわざ申込みに行くのは誰にとっても気軽なことじゃないでしょう。多少金利は高くても、手の届きやすいカードローンの方がいいっていう気持ちもよく分かります。その場合は、万が一の時のお守りとしてなるだけ使わずに持っておき、次の職が決まるまで何とか凌ぐよう頑張りましょう。

【参考ページ】
失業保険は融資を受ける為の条件になるか?

無職でカードローンを利用するには

無職でカードローンを利用するためには、安定した収入を得ていることが大切です。無職の場合には特に収入が安定している必要があります。職業自体が無いために、返済可能かどうかを判断する者が、収入しかないからです。しかし安定した収入が無い場合にも、カードローンを利用することが出来ます。勤務先が決まっている場合には、収入が安定してしなくても、カードローンを利用することが出来るのです。その方法は、ホームページで審査を行うことです。利用したい金融機関のインターネットのホームページへ行き、ネット上で審査を行うのです。そして審査では項目すべてに記入をすることになります。

ここで勤務先を入力することになります。無職の場合には、アルバイト先を入力することになります。このアルバイト先がある場合には、カードローンを利用することが出来るのです。無職でもアルバイトをしていない場合には、カードローンの審査に通ることは難しくなります。無職の場合には、このアルバイト先が特に重要になります。返済可能かどうかをアルバイト先で判断することになるので、アルバイト先を入力する必要があります。そしてこのアルバイト先に在籍確認を行うことになります。無職の場合には安定した収入があるかどうかを判断することが難しいために、この在籍確認を用いて審査を行うことになります。本当にそのアルバイト先に在籍しているかを金融機関が確認をし、そして返済可能かどうかを判断するのです。

無償の場合には安定した収入があるかどうかを判断するための書類が少ないために、アルバイト先に所属しているかどうかが最も重要になるのです。そのためアルバイト先をしっかりと記入しておく必要があります。無職でもアルバイトなどをしていない場合には、カードローンの利用が難しくなるのは、アルバイトをしていない場合には、このアルバイト先の在籍確認をすることが出来ないからです。そして審査が通ったのならば、無職でもカードローンを利用することが出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.