カードローンは定職がなくても作れるか教えて!

就職活動で正社員になるために、資格を取ろうと思ってます。資格試験対策のために勉強するのに、テキスト代や受験代など、思ったよりもお金がかかる。でも資格を取らないわけにはいかないし、次の試験日は1年後になってしまうので、お金が貯まってから受験だと色々遅い。返すあてはあるので、どこからか借りたいんだけど、ローンってどうなのかな?アルバイトだけど、カードローンってできるのかな?

カードローンは定職がなくても作ることができます

フリーターやアルバイターといった、労働体体系は現在の社会でよく見られる職業区分です。そういった職業が出始めた頃は、ローンの審査も厳しく、組もうと思う事自体、思いつかないぐらい、厳しかったのです。

それでも、お金を貸してくれるところといえば、闇金と言われるような、貸付業者であることが多かったのです。現在では、勤務年数に応じて、審査が通りやすくなってます。勤務している会社が同じで、そこで勤務年数が何年あるか?そこがポイントになってくるのです。定職に就いていることに変わりがないですよね?(参考ページはこちら→勤続年数はカードローン審査結果に反映します

複数の会社のアルバイトをかけもちできるのも、フリーターの特徴でもありますが、その場合も同じ会社で、勤続年数が長い会社を勤め先として記入して、提出するのをオススメします。

季節に応じて雇用が発生する季節労働に関しても、同じことがいえます。勤続場所や年数が固定されていない場合は、審査が厳しくなると思ってください。冷静に考えるとわかりますね。返すあてを判断するのは、勤め先の情報で判断するしかないのですから。そういったわけで、フリーターやアルバイターでも審査を受けることができ、正社員に比べると、審査は多少厳しめになりますが、カードローンを組むことができます。

安定した収入があれば、定職がなくてもカードローンは、作れるか

担保や保証人を用意せずにお金を借りる手段としては、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンに申込むといった方法があります。特に消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは審査もそれほど厳しいものではなく、審査に必要な時間も短時間で済むため、急にお金が必要になったときなどにはとても便利なため、大勢の人たちが利用をしています。消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用するためには、まずは所定の利用申込み手続きをしなければなりませんが、この手続き自体は店舗や無人契約機、ネット上で行うことができます。その際に必ず確認されるのが収入についてです。消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでは利用するための最低条件として、安定した収入のあることが大切になってきます。

また、消費者金融のキャッシングの場合には総量規制の影響もあり、年収の3分の1までの金額しかお金を借りられない決まりとなっているため、定職に就き、安定した収入があることが利用の際の必要不可欠な条件となっています。また、銀行のカードローンの場合にも安定した収入があるということが条件となっていますが、カードローンは総量規制の対象外であるため、消費者金融のキャッシングのような年収による借入れの制限はありません。そのため、銀行のカードローンでは定職がない人でもカードローンを利用できる可能性はあるのです。
(⇒不安定な立場では消費者金融は貸してくれません

定職がなくてもカードローンは、作れるかという問題についてはあくまでも銀行側の審査次第となります。たとえ定職がないという人でも、そのような人たちの中には不動産収入などのいわゆる不労所得があるという人もいます。そのような不労所得に関して銀行側が安定した収入であると判断を下した場合にはカードローンを作ることができますし、不労所得は安定した収入ではないと判断された場合にはカードローンを作ることはできないのです。いずれにせよ、定職がある人と比べた場合、定職のない人は審査が厳しく行われることは間違いありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.