無職でもカードローンを利用したい場合、どうすればよいか

転職活動中に急病になってしまいました。幸い、病気は短期間で完治できるもので、転職先も決まっていますが、現在は無職です。一時的に収入がないのに、通院もしないといけません。治る見込みがあるとはいえ、治療にお金がかかって仕方がないです。このような状態でも、カードローンを利用することができるのでしょうか。

定期収入があることを証明しましょう!

転職活動中に、急病。人生は、何が起こるかわからないものですね。治療を施したら完治可能な病だったこと、また転職先も無事に決まったという事。
それは、不幸中の幸いですね。まずは、お見舞い申し上げます。何かとお金がかかるのは、病気に関しては言えることです。健康な状態とは違って、元気満点で働いて返すということが言えなくなってしまうので、こういう時、貯金などがあれば安心です。

とはいえ、貯金がいつもあるとは限りません。転職活動中ということであれば、通院だけではなく、当座の生活費も必要になりますよね。そんな時、カードローンを利用できると心強いです。現在は、無職ということであれば、完全に審査には通りにくくなっています。さて、どうするか。

あなたは、何か株やアフィリエイト、オークションなどで定期的に収入を得ていませんか?そういった収入を証明することができれば、まずは申し込んでみましょう。

銀行系のカードローンは審査が厳しく設定されています。金利が一般の消費者金融よりも、低く設定しているためです。

よく見かける消費者金融会社の申込みから始めましょう。今回の教訓を生かして、転職後にはカードローンの作成をオススメします。カードローンを実際に利用しなくても、急な時にあると便利だからです。持っているだけで、実際に利用しない毎日の生活にしていけばよいことですから。

【参考ページ】
不労所得でも融資は受けられる

無職でもカードローンは利用できるのか

急に現金が必要になったときなどにすぐにお金を借りる方法としては、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどを利用するといった手段があります。どちらも利用申込みの手続きは非常に簡単で、最近ではわざわざ消費者金融や銀行の店舗に足を運ばずにネット上からも手続きができるシステムを導入するところも増えています。消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンのメリットとして、お金を借りる際に担保や保証人を必要としない点があります。そのため、お金を借りるために担保を準備したり、誰かに保証人になってもらうようにお願いする必要がありません。急にお金が必要になったときにすぐに申込みの手続きができるのが消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの大きなメリットなのです。
(⇒カードローンなら担保も保証人も不要ですぐに借りられます!

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンには、誰もが簡単にお金を借りられるというイメージがありますが、利用申込みの手続きをしたからといってすべての人がお金を借りられるというわけではありません。審査に通過する必要があるからです。消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでは、お金を借りるための条件として仕事に就いており、定収入があるということが最低条件として設けられています。正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員の人であっても安定した収入が得られているのであれば基本的にはキャッシングやカードローンの審査には通過することになっているのです。
しかし、世の中のすべての人が何らかの職業に就いているわけではなく、現時点で無職という人もいます。

では、そのような定職に就いていない人の場合、キャッシングやカードローンは全く利用できないのでしょうか?消費者金融のキャッシングでも銀行のカードローンであっても、原則として無職の人が審査に通過することはありません。ただし、銀行のカードローンの場合、銀行側の無職に対する解釈の仕方次第ですが、たとえ無職であったとしても何らかの収入源があるという人に関しては無職でもカードローンでお金を借りられる可能性は残されています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.