手持ちのカードでもキャッシングって出来るのですか?

外出先でお金が足りなくて困ったことがありました。買い物をして支払いをクレジットカードで済ませようと思っていたら現金しか使えないと言われてしまいました。手持ちのお金もなかったので、口座からおろそうと思ったのですが公共料金の引き落とし日な上に支払いギリギリのお金しか残っていませんでした。そんな時のために消費者金融でカードローンを作っておこうと思います。どう思いますか?

手持ちのカードがあるならば消費者金融でキャッシングする必要はなし

社会人になれば気軽に持つことが出来て、とても便利なクレジットカード。買い物の支払いに使えば、小銭を出すよりも早いしポイントも貯まるので現金で支払うよりもお得に活用できる代物ですよね。

そんなクレジットカードですが、使えるのはショッピングだけでなくお金を借りることも出来るのです。必要なお金が少額であったり一時的なものであるならば、わざわざ銀行や消費者金融で時間を掛けてキャッシングをするよりも、元から持っているクレジットカードを使う方が時間短縮にもなり、改めて審査を受けることもないので面倒な手続きもいらないのです。

クレジットカードでお金を借りるのは、専用のキャッシュディスペンサーや提携ATMなどがあれば簡単に出来ます。

お金を借りることに変わりはないのですが、銀行や消費者金融などとクレジットカードでのキャッシングは、限度額や金利、返済方法など、いろいろと違いがあるもので、しっかりと覚えておいた方が後で困りません。

キャッシング機能には、クレジットカードにも限度額があります。銀行や消費者金融などでは10万円から500万円など小口から大口までの融資が可能なプランが豊富にあるものですが、クレジットカードの場合はクレジットの利用限度額でキャッシング出来るお金の額が決まります。また予め自分で設定出来るケースもあります。

次は金利です。これについては銀行や消費者金融と大きな違いはありませんがカード会社によっても金利設定にさまざまなものがあり、下限が7,0%、上限は28,0%になっているところもありますが、最近では制限法などの影響で20,0%に設定し直されているところがほとんどです。それでも大手の消費者金融などでも上限金利に関しては18,0%であることが多いので、クレジットカードのキャッシング機能の方が金利は少し高めと考えた方がいいでしょう。

次は、返済方法です。銀行や消費者金融などでは、インターネットやAMT、窓口などさまざまな返済手段が選べますが、クレジットカードの返済は口座からの引き落としが基本です。なので、引き落としに指定してある銀行の口座にお金が入っていないと返済することは出来ませんので、注意が必要です。

もうひとつ、知っておきたいのがクレジットカードにはつきものの締め日です。ショッピングなどの支払いに使ったときには、次の月の引き落とされる金額を一括払いにすれば利息は発生しませんが、キャッシングに関しては一括払いに出来ないので利用した日から引き落としをされる日まで利息が発生してしまいます。

締め日は一ヶ月間で使った買い物などの代金を計算する日です。この締め日をきちんと考えてお金を借りないと、かなりの額の金利を支払うことになってしまうので、いつが締め日なのかをきちんと確認して使いましょう。

クレジットカードでキャッシング機能を使う時は、引き落とし前に借りた金額を支払うことが出来るのかを確認することも大切ですよ。

カードを使うキャッシング方法は3種類!借り方で分かる性格分析!

キャッシングと一言で言っても、利用するカードは同じとは限らないのが今の生活です。コンビニのATMで、カードを使って出金しているらしい誰かさん。しかし、その人が使っているカードとしては、クレジットカード、銀行のカード、消費者金融のキャッシングカードと、3種類の全く異なるカードが考えられるのです。

クレジットカードは、ご存知のように現金を使わずお買い物ができたり、ポイントが貯まるなど、複数の機能をもっているカードですね。このような機能を使いたくて申込む方も多いのですが、もちろんキャッシング枠を利用してお金を借りることもできます。お買い物で貯まったポイントをキャッシングの返済に使えるなど、クレジットカードの中で使い回しもできますから、頭を使って一番お得な方法を工夫すると、なかなか面白い使い方ができますよ。

このように、ポイントの貯まり方や、買物先や利用先の工夫をするのが大好きという方は、クレジットカードのキャッシング枠がピッタリ!このように工夫を凝らす人の中には、複数のクレジットカードを使い分けしている方も居られるんですよ。マイレージや鉄道系のカードなど、使い方によってはとってもお得に使えますから、キャッシングだけの利用だけでは勿体ないですよね。このようなゲーム感覚の凝り方は、ちょっとオタク系の使い方と言えるかもしれません。

銀行のカードローンは、どれも金利の低さで人気ですね。銀行でキャッシングする場合にも、実は幾つか異なる種類のカードがあるんですよ。ひとつは、通常のローン専用カードです。銀行口座を持っていなくても契約できますから、どなたでもすぐ申込が可能です。もうひとつは、銀行口座を持っている人が、その口座のキャッシュカードにローン機能を追加することで利用できるようになるカードローンです。この場合、審査は必要ですが、今持っているキャッシュカードをそのまま使えますので、手軽なカードローンですね。もちろん、万が一のときのために、そのまま使わずに置いておくことも自由なんですよ。

公共料金や電話料金など、ライフラインの支払いが滞ると大変ですよね。お仕事で多忙な方など、口座残高の確認をうっかり忘れてしまっていることもあります。でもこの方法を使えば、残高確認や入金を忘れていても安心ですよ。本人が忘れていても、自動的にお金を貸してくれているので、引落しはしっかりと実行されています。お仕事や家事に忙しくても生活は守るしっかりタイプの方は、この銀行カードローンがピッタリですね。

消費者金融のカードローンは昔から利用者も多く、使いやすいカードローンです。やはり使い慣れたカードローンが便利なので、長く利用している方も多いようです。消費者金融は金利が高いと思っている方も多いのですが、何度も金利の引き下げが実行されて、今は利息制限法の基準まで引き下げられています。以前のように高い利息を取られることもありませんから、気兼ねのないキャッシング方法としてだけでなく、安全なキャッシングとしても新たな利用者が増えています。

消費者金融は、個人向けの小口融資を長くやってきた歴史がありますから、返済遅れなどのトラブルの対応にも慣れているという安心感がありますね。安心して借りたい人にとっては、やはり消費者金融は心強い存在です。返済日のうっかり忘れに親切なサービスがあったりと、きめ細かいフォローも嬉しいですね。このようにキャッシングに関するややこしさや面倒さを出来る限り和らげてくれる消費者金融のカードローンは、甘えんぼタイプの方にピッタリかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.