消費者金融と団信の関連性とはどんなもの?団信って何?

有名な大手の消費者金融からキャッシングをしています。別の消費者金融からキャッシングをしたことがある知人から消費者金融にも団信というシステムがあると聞きました。消費者金融の団信とは何なのでしょうか。私も入っていることになっているのでしょうか?

団信とは生命保険のひとつで消費者金融では以前取り扱いのあったもの

団信というのは本来、家を買うために住宅ローンを組んだ契約者本人が亡くなってしまったり指定されている高度障害などになってしまったりしたときに適用される生命保険のひとつで、「団体信用生命保険」といいます。ほとんどの場合、残っている債務が保険会社によりすべて返済されることになるので、住宅はローンのない状態で家族や契約者本人の手元に置かれることになります。

銀行などで組まれる住宅ローンは団信の契約をすることは必須条件になっていて、銀行側には貸し付けたお金を完全に取り戻すために、そして借り入れた本人である契約者側は自分にもしものことがあったときにローンの返済をするという義務を果たす必要はないということになるので、入っていると非常に安心な保険です。

これと、ほぼ同じシステムで消費者金融での借り入れにも、債務者が亡くなってしまったり事故などで障害を持つことになってしまい、借り入れたお金の返済が困難な状態になってしまったときのために「消費者団信」というものが存在していました。しかし、この場合は借り入れた契約者である本人や家族にお金が入ることはなく、あくまでも貸し付けをした消費者金融側に保険がおりるという構造になっています。

この消費者団信というシステムに対して「人様の命を担保にしているのでは?」という指摘や批判的な意見が多く聞かれるようになり、とある大手の消費者金融で団信のシステムを切り離したのをきっかけに、他の多くの消費者金融でも団信に入ることをやめにするという方向性になりました。

なので、大手の消費者金融でのキャッシングならば自分が知らないうちに保険が掛けられていたなどということはありません。ただ、任意で保険に入ることが出来る場合もあります。その場合は書類上や口頭できちんと説明を受けると思いますので、最初に申し込みをしたときに保険についての書類にサインをしたりしていなければ、保険には入っていないということになります。

住宅ローンの場合は家族のためになる保険ですが、消費者金融の場合は業者が損をしないための保険です。例え返せなくなったとしても、命を絶つという選択はしてはいけません。

命とお金は天秤にかけれない!大手消費者金融が揃って団信打ち切り

「消費者金融、借り手への団信保険の廃止!」という記事を読まれた方もいらっしゃるかもしれません。消費者金融が自社利益防衛の為に、全員加入という形で行われていた団信保険を廃止したという内容です。

団信保険(団信)とは、消費者信用団体生命保険のことを言います。これは、契約者が死亡したり高度の障害を負ってしまい返済が出来なくなってしまった際に、保険会社から消費者金融に対して保険金が支払われる保険になります。消費者金融と保険会社の間で行われるものですので、保険料の負担は消費者金融が行います。

もともとは、契約者が亡くなってしまってもその親族関係に借金を背負わさない為に作られた保険だったそうですが、金融庁の調べで、消費者金融の受け取った保険金が莫大なものであったと言うことが分かりました。また、その死亡原因には自殺というものも多かったとのことです。

「借金を苦にして自殺をしてしまい。自分の命と引き換えに借金を完済する」という図式です。極端な話、消費者信用団体生命保険に加入していれば、厳しい取り立てを行った結果、債務者が自殺をしてしまっても消費者金融の利益は守れます。サラ金地獄と言われた言葉の背景には、団信の存在もあったのかもしれません。

このようなことが発覚した為、金融庁の指導に基づき、団信が見直されるようになりました。2006年には、プロミスが保険契約を打ち切ると発表をしました。その後、大手消費者金融も団信の打ち切りに踏み切っています。

しかし、団体信用生命保険というのは、使い方によってはかなり便利な保険です。銀行融資の本命とも言える、住宅ローンには、団信が普通に利用されています。その為、契約者が急に死亡した場合でも、住宅を失うリスクを回避することができます。この団信は、自己負担で加入する例が多いようです。

消費者金融から借り入れがある契約者が亡くなった場合、財産相続をされる方が借金も背負うことになりますので、団信に助けられた人がいるのも事実ではあります。

実際には、住宅ローンで使われる‘団信’と消費者金融で使われる‘団信’は全く別のものになります。どちらも残された人の安全を保証する保険にはなりますが、加入の際はしっかりと違いを知っておきましょう。

また、大手消費者金融が団信を打ち切るようになって、消費者金融のイメージも格段に上がってきました。過酷な取り立てで、自殺に追いやられるようなことは、大手消費者金融であれば心配ないでしょう。

命を守る為に、お金を借りるのです。お金と命は天秤には決してかけられません。その事をしっかり理解して進歩を遂げた現代の消費者金融であれば、団信も安心して利用できる保険なのかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.