家の購入資金を融資してもらうときに気をつけるべきこととは

子供が二人いる夫婦です。今はマンションで暮らしているのですが、最近子供が生まれたことで新しく家を買おうと思っています。働いて貯めたお金がありますがそれだけでは足りないので、銀行からの融資をお願いするつもりなのですが、そのときに気を付ければならないことって何ですか?

決め手は信用情報!あなたの普段の生活で融資はスムーズに進むのです

賃貸マンションに住んでいるひとの憧れと言えば持ち家ですよね。けれど家の購入には中古であってもそれなりのお金が必要になります。銀行での融資という形で住宅ローンを組む方法で家を買うことが出来ますが、それは銀行での審査が通り融資が受けられるということが決まってからの話。夢のマイホームを夢で終わらせないためには、この審査を通過することが必要です。

審査と言っても堅苦しく考えることではありません。審査内容は一般的には公開されてはいないものですが銀行の審査で重要なのは「信用情報」です。信用情報というのは、クレジット会社やローン会社との契約や申し込みに関わる経済的な取引情報のことで、クレジットの支払いが円滑に行われているか、ローンの返済に問題はないかなどの情報がこれにあたります。

例え、キャッシングを利用したという記録が残っていても延滞や破産などの事態を起こしていなければ、住宅ローンを組むことについては全く問題ありません。

ただ、あまり複数のキャッシング会社を一度に利用していたり返済金額がまだまだ残っていたりすると審査に通過出来ないことの方が多いです。キャッシングの利用がある場合には必ず返済を終わらせておく方が、住宅ローンの審査を通過するときには有利ですので覚えておきましょう。

また、最近では携帯電話を買うときにも何回払いという分割で支払うケースが多くなりました。これにより携帯電話の支払い状況も信用情報に含まれるようになったので、払えるのならば一括払いを選んだり、分割にするならば毎月の支払いが滞らないように気を付けましょう。

信用情報で審査が通らないケースは、事故を起こした場合です。「事故」というのは借金をしたときにそのお金を全て返すことが出来ずに破産してしまったことを指します。この事故を起こすと最低でも5年から10年はクレジットカードの新規申し込みや新たなローン、住宅ローンも組めなくなってしまいます。

つまり、特別お金に関して延滞であったり自己破産であったりの問題を起こした経験もなく、普通に生活してきたひとであれば審査はスムーズに進むので、特別心配することはありません。

信用情報は専門機関に問い合わせれば教えてもらえますので、気になる場合は事前に確認しておくのもいいかもしれません。

資金の使い道によって融資も変わる!ピッタリの借り方を選ぼう!

お金を借りたい!そう思っている方も、その資金の使い道によって借り方は色々です。利用目的によって借り方を工夫しないと、せっかく借りても後で不満や不都合が起きて来るかもしれません。同じように手続きが必要なのですから、できれば一発で自分にピッタリの借り方に巡り会えるといいですよね。そのためには、貸す側にどんな商品があるのかをチェックすることも大切になってきます。

お金を借りる上でまず検討しておきたいのは、自分が今どのくらいの資金が必要なのかということです。もしも引っ越し費用に10万円足りない!という方であれば、とりあえず10万円あれば解決ということになりますよね。でも、この10万円を、どこからどんな形で借りるのが一番いいのでしょうか。

金利の面から言えば、銀行のフリーローンが一番有利です。フリーローンは、様々な目的に利用できる融資ですが、その資金に利用するという見積書などの提出が必要となります。それ以外にも、本人確認書類や年収確認書類が必要ですので、手続きが若干面倒かもしれません。インターネットから申込める場合もありますし、店頭での手続きが必要な場合もありますので、お忙しい人にはなかなか手が出しにくいかもしれませんね。

また、フリーローンは、一度の手続きでこれ一回しか借りることができません。引っ越し費用として10万円借りたら、あとは返済するだけです。でも、引っ越し費用は無事支払いができたとしても、引っ越し後も暫くはあれこれ出費が多くなるものです。あと5万円ほど借りたいなぁと思っても、フリーローンでは追加の融資ができませんので、また新たに「○○用の資金」として融資を受けなくてはなりません。

忙しい中、これではちょっと面倒ですよね。そんなことを考えれば、やはりカードローンが適当ということになります。カードローンの場合、利息は若干多い目ですが、その分借入の自由度が非常に高いというのが特徴です。例えば引越し費用として資金の融資を受けるにしても、途中で気が変わって10万円借りずに5万円で済ませておくことだってできますよ。これで何とか凌ぐことができれば大助かりですし、やっぱり無理だったとなれば、あとで1万円、2万円と追加で借りることも可能なのです。

利息は高い目でも、状況や資金目的に合わせて最小の借入で済ませることもできることを考えれば、このようにカードローンは意外と経済的に利用できるんですよ。限度額の範囲内で、資金に合わせて自分なりに上手な利用方法をアレンジできるのは、このカードローンだけ。継続的でなくても、断続的に長期間に渡って借りるような方ならば、この融資方法がピッタリだと言えるでしょう。

また、このように小額の借入ではなく、もうちょっとまとまった額の融資が必要となるのが事業資金ですね。殆どの銀行や消費者金融では、カードローンやフリーローンは事業資金としては利用できないことになっています。事業には、事業向けのローンがありますから、専らそちらを利用することになります。事業資金の融資には、政府系の銀行を使う方も多いのですが、やはり融資までに時間がかかるというデメリットもあります。そのため、民間の融資を受ける方も多いんですよ。

銀行の融資については問題ありませんが、消費者金融では総量規制がかかりますので、借入総額が気になるところです。しかし、事業者向け融資は、この対象外ですので、安心して借りることができます。このように、自分の資金や目的に応じて、色々な融資を使い分けていくと、自分が実際に持っている資金以上に活動の幅を広げていくことができますね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.