銀行カードローンで在籍確認はどのように行われるか

今度銀行カードローンの申し込みをするのですが、一つだけ心配なことがあります。おそらく審査自体はそんなに給料が悪いというわけでもありませんから問題ないのですが、一番気になるのは在籍確認です。あまり私宛の電話というのは会社に来ないものですから、そんな状態で電話をもらったら疑われるんじゃないかと心配しています。

銀行カードローンではどのような形で在籍確認の電話というのが行われるものなのでしょうか。在籍確認の電話が来ないように出来るほほうがあるのであれば、それも教えて欲しいです。

銀行カードローンは名前で呼ばれて電話が来る方法が主流

銀行カードローンを使ったことがないなら、在籍確認がどのような方法で行われるのか、そしてその在籍確認が心配で不安になるというのもそのとおりだと思います。最近の銀行カードローンにおける在籍確認というのは非常に多様担ってきているので一言では言えませんが、今でも電話による確認が基本だと言われています。

まず会社に電話がかかってきます。この時の電話番号は会社の名前と連絡先を申込書に書いているので、ここにかかってきます。もしなければ代表番号にかかってきますので、大きな会社の場合はちゃんと代表番号ではなく自分につながる部署の番号を伝えておきましょう。そして友達や知り合いのような形を装ってかけてくる事が多いので、借金がばれるということはないでしょう。

ですので周りにバレるかというとそれは心配ないのですが、万が一の事やあまり電話を受けるような仕事をしていない人であれば心配にもなるでしょう。その場合にはかわりの在籍確認方法というのも存在しています。源泉徴収票や会社に所属していることがわかる証拠をコピーとして渡すのです。これによって電話をかけなくてもいいという業者が銀行カードローンでもかなり増えているのです。

もし会社にあまり電話をかけてこられることがないというのであれば、この在籍確認の電話をしてこないような形の、源泉徴収票やその他の会社に所属していることがわかる書類でかわりになる業者を使うのも、ひとつの手段でしょう。

【参考ページ】
カードローンの在籍確認におけるプライバシーについての総括

銀行カードローンの在籍確認について

銀行のイメージとしては、住宅ローンやマイカーローンなどのような、比較的大口の融資のイメージで、カードローンといえば消費者金融の商品のイメージだったのですが、最近では」、ほとんどの銀行で小口融資の銀号カードローンの商品があります。2010年に貸金業法が完全施行を迎え、総量規制の導入や上限金利の引き下げ、過払返還請求などによって、消費者金融の業者は赤字になるケースが多くなり、貸金市場は大きな変化をしました。この様な市場の状況の中でも貸金業法の適用を受けなく総量規制も関係のない銀行カードローンの需要が高まってきました。

総量規制によって、消費者金融やクレジット会社、信販会社に年収の三分の一以上の借り入れを申し込みしても、この総量規制によって、申込者に返済能力がある場合でも、一律三分の一以上の貸付は禁止になっていますので断られますが、銀行カードローンで申し込みを行った場合は、申込者に確実な返済能力があれば、融資を受けることできる可能性が高いです。銀行カードローンを申し込みをすると、審査が行われ、申込者に融資を行うことができるかできないかの判断がされるのですが、審査の基準としては、個人の返済能力という点が審査基準となりますので、住所のほかに勤務先や勤続年数、年収がチェックされます。また申込者に過去、滞納や自己破産などの金融自己がないかも調べられ、問題が無ければ、融資を受けることができます。
(⇒過去の滞納などは簡単に調べられます

また銀行カードローンの審査で必ず行われるのが、在籍確認で、申し込み書類に書かれている、勤務先に間違いが無いかを確認するのですが、本人は別にその在籍確認の電話に出ることは必要はありませんが、個人の情報をあまり知られたくない方も多いのですが、ほとんどの場合、この在籍確認は行われます。最近では、社員をたくさん抱えている会社や大手会社などでは、個人名の在籍確認に対応をしない会社も増えてきています。そのようなケースの場合は、在籍証明や収入証明で審査を行うケースもあります。
(参考ページはこちら→在籍確認電話は知らないうちに終わる事もある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.