カードローンは住所不定でも申し込み可能?

キャッシングベスト3

住所不定でもカードローンの契約は申し込めるか?

カードローンの契約をする時に自分の個人情報というものが必要なのはわかっています。ただ場合によっては収入証明書が不要なところもあると聞いていますし、それであればカードローンを申し込みする時に住所不定でも大丈夫なものもあるんじゃないか?と感じています。

ホームレスやネットカフェ難民という言葉が一時期よく言われていたと思いますが、そういう状況になったとしてもカードローンの申し込みは可能なのでしょうか。一部だけでも受け付けているという状況なのかなど、気になるので聞きたいです。

住所不定の場合はまずカードローンの申し込みができない

最近は審査が甘いものも出てきましたし、カードローンの申し込みについてはかなり楽になってきているのは間違いありません。大手ですらも在籍確認をしないというところもあるくらいですし、これならば借入をしやすいでしょうが、残念ながら今のところ住所不定の人にカードローンを発行してくれる業者はまずないと思っていいでしょう。

一度でも借入をしたことがある人ならわかると思いますが、カードローンを申し込みするときに墓ならず住所が必要になります。ですから住所不定の場合、カードローンの申込用紙に記入ができないのです。仮に嘘の住所を書いたとした場合、その住所にローンカードが送られてくることになりますが、住所がないと業者に送り返されるでしょう。そうなれば契約解除になる可能性が高いです。

ですので住所不定になってしまえばカードローンを使うことは出来ないというわけです。もしそれでも使いたいというのであれば、かなり危険な闇金を頼りにするしかないでしょう。闇金であれば借り入れできる可能性はありますが、その分危ない橋を渡る事になりますから全くおすすめは出来ませんが。

もしくは最近、住所を与えてくれるシェルターであるとかネットカフェ等も最近は増えてきていますから、そこでとりあえずの住所をもらうようにしましょう。そうすればカードローンの申し込み自体はできるようになります。アルバイトなどもしやすくなりますから、まずは何にせよ住所不定から抜け出すことが先決です。

【参考ページ】
融資に申し込む為に記入しないとならない事

住所不定の人がカードローンを申し込むのが難しいのは

住所不定であっても収入があるという人はいます。たとえば、ホテル住まいで、ホテルの部屋で仕事をしている、あるいはホテルから出掛けて仕事をするといった人たちです。収入があるということは、カードローンの審査に通るためには絶対に必要なことですが、では、上記のような決まった住所がない人であっても収入があればカードローンの審査に通る可能性はあるでしょうか。結論から言うと、まず不可能だと言っていいでしょう。

というのは、決まった住所に住んでいないということは、貸金業者からすると連絡が難しいということになるからです。貸金業者が一番困るのは、お金を貸した客が返済をせずに行方をくらましてしまうことです。しっかりとした住所があれば、そこに督促状を送ったり、人を訪問させるということが可能ですが、決まった住所がない場合は、そういったことが不可能です。なので、収入があったとしても住所が決まっていない人は審査に通らない可能性が高いのです。

では、貸し住所を使った場合はどうでしょうか。貸し住所というのは、インターネットでショップを開設する人などが、自宅の住所の代わりに公開するといった用途で使われるものです。貸し住所は実際に存在している住所なので、郵便の受け取りも可能です。どのように受け取るのかというと、貸し住所を運営している会社から郵便を転送してもらうわけです。

貸し住所を使えば、住所が決まっていない人でも自分の住所としてローンの申し込み用の住所に使えそうですが、残念ながら使えません。なぜかというと、一般的に、貸し住所を運営している会社はカードローンのカードの送付に使われる書留郵便を受け取らないからです。また、運転免許証などの身分証明書に記載する住所にすることも出来ないので、その点でも無理だということになります。なので、ローンの申し込みを行うのであれば、定住する場所を決めて、その住所で身分証明書を作る必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.