カードローンで在籍確認があった場合、審査可決と思っていいの?

私は近いうちにカードローンを利用しようと思っています。それは、彼女と出かけるためなのですが、あいにく今月は物入りで、余裕が無くなってしまったんです。でも、それを考えに入れずにうっかり約束をしてしまいました。今更お金がないから行かないなんて言ったら、彼女に呆れられそうで。だからどうしてもお金を借りたいんです。

それで、審査がかなり心配なので、少しでも早い段階で審査が通ったかどうかを知りたいと思っています。噂では、カードローンを使いたい時に在籍確認があったら審査は可決したようなものだと聞いたことがあるんですが、それって本当なんでしょうか。
(⇒カードローン在籍確認で行われている事

在籍確認があった場合、ほぼ通ったと思っても大丈夫です

在籍確認の電話って、ほとんどの場合が審査の最終段階で掛かって来るものなのよ。だって、わざわざ電話をしたあとで、書類の確認や信用情報の問い合わせをすればわかる理由でお金が貸せないとなると、カードローン会社としても電話を掛けるという手間をかけた意味がないものね。だから、他の条件が大丈夫だと判断した場合、最終段階として本当にその職場に申し込みをした人がいるのかを確認したうえで、融資を決定するというのが一般的なの。
(⇒信用情報の問い合わせ先

だから、在籍確認の電話が掛かって来た時点で、その他の点では大丈夫だと考えられるのよ。ただし、この在籍確認が上手く行かなかったら、たとえあなたが本当にその職場で働いていたとしても、審査が否決になってしまうことがあるの。例えば、電話を受けるところが代表番号となっている場合、全社員の情報を把握していなくて、そういう人がいるかどうかわからないという返答をしたとするわ。そうしたら、あなたは本当にそこで働いているのに、審査に通らないということもあるの。

それに、誰からかはっきりしない電話だからといって、電話を取った人は気を遣ったつもりでその人が職場にいることを知られないようにと配慮してくれた結果、実はそれが在籍確認の電話だった場合、やはりあなたはそこで働いていないと判断されてしまうことになるの。そういう可能性があることだけは忘れないようにした方がいいわ。

そういうことがなければ、たとえあなた自身が電話に出られなかったとしても、席を外していますとか伝言を承りましょうかとかいった返答を電話を取った人がしてくれれば、それだけであなたが働いているとみなしてもらうことができるのよ。そう考えると、代表番号とかではなく、できるだけ繋がりやすい番号を伝えた方がいいということになるわね。

以上をまとめると、在籍確認の電話が掛かって来た場合、ほぼ可決と思っていいけれど、その電話で確認ができなかった場合にはそうならない可能性があるということが言えるのよ。

カードローンの利用には在籍確認が審査可決で重要

カードローンを利用するためには、審査を通らなければなりません。この審査を行うためには今までは金融機関の窓口に行く必要がありました。しかし今ではインターネットのホームページで簡単に審査を行うことが出来るので、今まで以上にスピーディーに、そして手間をかけずに審査を行えるようになったのです。カードローンの人気のある理由に、審査を簡単に行うことが出来る、ということがあります。金融機関のホームページで審査を行うことが出来るので、インターネットを利用できる環境であるならば、どこでも審査を申し込むことが出来るのです。そのためいつでもどこでも審査が出来るので、とても便利なのです。

そしてこのインターネットでの審査では、必要項目を記入していくことになります。必要項目を記入するだけで、書類などを郵送する必要はありません。そのため早い場所であると、即日に審査が終わり、そして即日に利用を開始することが出来るのです。この審査において大切なことは、虚偽の申告をしてはいけない、ということです。全て真実を書かなければならなく、虚偽のことが書かれていたならば、審査は通らなくなってしまいます。審査可決には在籍確認を行う場合があります。これは勤め先の職場に金融機関が電話をかけることになります。勤め先に電話をし、そして実際に勤めているかどうかを確認する作業です。この作業が審査可決において重要になります。

勤め先に電話をして在籍していることを確認するということは、返済能力があるか、ということを確認することと同じです。そのため在籍確認が取れない場合には、審査が通らなくなってしまうのです。特にカードローンではネット上で審査が全て終わってしまうので、在籍確認はとても大切です。そのため虚偽の情報を書いてはいけません。在籍確認で勤め先に借金のことがばれる心配はありません。金融機関だということは伏せて電話を行うため、勤め先にカードローンのことを知られる心配はありません。(参考ページはこちら→きちんとプライバシーが守られている在籍確認

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.