カードローン在籍確認についてゼロから教えて

カードローンの在籍確認って、なんだか色々調べられそうで、もう心配で心配でカードローンを組むのやめて、友達にまとまったおカネを借りようかと思うんだけど。いったい全体、在籍確認って何をするんだ。(参考ページはこちら→気になる融資の在籍確認でされる事

在籍確認で臆病になる必要もなく、ご融資まで心配ございません

何を言っているんですか。むしろ、お友達に借りる方がリスクが高いに決まっています。しかも家族や会社にいつの間にか知られてしまい、利息なんてつけられたら余計大変ですよ。金融会社は、融資のエキスパートですよ。少額でも融資のプロは約束ごとを破るなんてこともしませんし、個人の情報を信用できるかどうか分からない友達とも違い、デタラメに扱うようなことはしません。金融業にはしっかり消費者視点の法律もありますから、一番安全で使いやく、メリットがあります。

一番、心配されているのは在籍確認ですね。在籍確認をどのように金融機関がされているのか分かれば怖くないですよ。消費者金融ですと、在籍確認をする際に金融業者であることを一切名乗りません。新規カードローン申請なら、借りて欲しいのですから、わざわざ消費者に負担をかけるようなことはしないんです。ですからご安心を。ちゃんと返済能力があるかどうか、そのための勤務先への確認です。しかも分からないように配慮をします。

また返済時の強引な取り立てはしません。これをすると違反なんです。業者も営業できなくなってしまうので当然です。金利も低いですし、借入している情報も他人に知られる必要がない。困った時に必ず助けてくれるって、とても有り難い話です。お仕事をされていて完済の意志がはっきりしていれば十分、ご融資を受けることが出来ますよ。

【参考ページ】
本当に内緒でカードローンが使えるか不安な方へ

カードローン契約と在籍確認

カードローン契約というのは金融機関からの借り入れを行う方法の中では最もシンプルな手続きで行うことが出来るものです。しかしその条件の中には安定収入があることという条件が明確にされている場合も多く、どのような職場で働いているのかが融資を行うかどうかの判断を行う上で重要になります。そのため、金融機関側としては申告の情報の通りに勤務先に在籍しているのかどうかを直接確認する場合があるのです。その在籍確認のための手段としては職場に電話をするという古典的な手法が一般的です。

日中に抜き打ちで記入機関側から勤務先に電話をかけ、当該契約希望者が居るかどうかを聞くというストレートな方法を採用しています。もしも契約希望者本人がその電話に出ることが出来るか、電話に出た者が契約希望者に取り次ぐことが出来れば在籍確認としなされます。このような方法で職場に勤めているかどうかを確認するのは、返済能力の有無を正確に把握するために重要であるということが出来ます。金融機関にも色々ありますが、消費者金融系のカードローンの場合には年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけないというルールが定められています。このルールは貸金業法の総量規制という法律に基づいて決められているものであり、守らなければならないものであるということが出来ます。

その規制を順守するためにはどうしても収入の確認と現在仕事をしているということの両方の確認を取っておかなければならないのです。カードローンは契約がしやすい分、そのリスクは大きくなりがちです。そのリスクは基本的に利息に転嫁されますのでカードローンの金利は7%~15%とかなり割高な契約にならざるを得ません。それでも契約希望者がいなくならないというのはこのカードローンというサービスが社会的に非常に重要なポジションになってきているということを映し出しているのかもしれません。金融機関によって気の金利には大きな差がありますので、良く検討して決めるのが良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.