カードローンを夜に申し込んだら在籍確認は

キャッシングベスト3

夜にカードローンの申し込みをすると在籍確認はいつになる?

仕事の関係上、どうしてもカードローンの申し込みをするのが夜になってしまいます。最近はネットからも申し込みをすることができるので、夜でも構わないというのは本当に仕事が忙しい私にとって助かります。ただ、お昼間にできれば即日融資をしてもらえるのかなとも思いますが。

即日融資をしてもらえるような業者であれば、やはり夜に申し込みをするとすぐに融資をしてもらえるのでしょうか。審査をするにしても在籍確認も出来ないですから次の日にならざるを得ないのでしょうか?この辺りのルールは今どういうふうになっているのでしょう。

夜にカードローンを申しこめば在籍確認は次の日に

だいたい夜にカードローンを申し込む人は少なくないようで、かなりの人が営業時間外にも申し込みをしているようです。しかしこの在籍確認があるからすぐに即日融資をしてもらえないんじゃないか?という心配はその通りで、結果的に仮審査を通すのも次の日に回されることになります。多くの業者の対応がそうなります。

なぜかといえば簡単で審査をするにしてもその担当者がいないからです。会社にそういう担当者がいて審査をするわけですが、真夜中には帰ってしまっています。これは大手でも中小でも同じことですから、真夜中には対応してくれません。ですので担当者が出勤してくるのを待つしかないというわけです。

ただ出勤してきて営業時間内になればそこから審査が始まりますし、在籍確認も出来るでしょうから、夜に申し込みをすればその次のお昼までには早いものだと借入ができるようになるでしょう。そう考えると夜のうちに申し込みをしておくという方法は、悪いものではないなと思います。次の日には借り入れができるならさほど遅いとは感じないでしょうし。

夜のうちにカードローンの申し込みをしたらどうしても次の日になってしまうので、仕事が忙しいという人はお昼などに申し込みができれば、その日のうちに仮審査にとおって借り入れできる業者もありますので、お昼間に対応するということも直ぐに必要であれば考えておいたほうがいいでしょう。

【参考ページ】
即日融資を確実に受けたい人への参考知識

カードローンの在籍確認を夜にとってもらう

カードローンの審査には勤務先への在籍確認があります。これは、原則電話で確認が行われます。店頭窓口での申し込みだと、カウンター越しで目の前で審査担当者が電話をかけるので緊張するかもしれませんが、対面が嫌という場合はインターネットや自動契約機でも申し込みをすることができます。ただし、勤務先の内情や家庭の事情などを伝えやすいのは店頭窓口になります。勤務先への電話確認は、審査担当者の個人名にて実施されます。間違ってもカードローン会社の会社名をなのってかけてしまうということはないのですが、人為的なミスでまれに会社名を名乗ってしまうケースが稀にあります。
(⇒カードローン在籍確認の最も良くある形

まずは、勤務先へ電話をかけて審査担当者の個人名で名前を名乗った後に、申込み者さんはいますかや、在籍してますかといいます。そして、電話を受けた会社の方が今いないよ、今日は休み、17時には戻ってきます、直行直帰です、などといった回答が得られればその会社に在籍しているということになりますので、これで在籍確認はクリアです。ただ、夜の仕事をしていると日中にカードローンの申込みをしても、在籍確認の時に電話そしても誰も電話にでない可能性がありますので、勤務先確認がとれないこともあります。(参考ページはこちら→在籍確認は知らないうちに終わる事もある

その場合は、確認の電話をする時間を夜の時間帯にしてほしいと希望を言えば、その時間に確認をとってもらえます。他の審査が問題なければ、カードローンの契約手続きはすることができて、キャッシングカードも発行してくれます。ただ、カードが発行されたといってもまだそのカードは使用することができません。ATMにカードをいれてもお取扱いできませんと表示がでます。契約後に、審査担当者が勤務先に夜の時間帯に電話をして、そこで確認がとれてから、カードが利用可能な状態に設定をしますので、確認がとれてからの融資となります。勤務先への在籍確認は、本人が職場にいれば本人が電話に出ても問題はありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.