カードローンの審査に勤務先って影響しますか?

カードローンを申込むのに勤務先欄って絶対に書かないといけませんか?できることなら勤務先とか書きたくないのですが、何のために書く必要があるのでしょうか?僕がお金を借りようとしていることは勤務先には関係のないことだし、わざわざ借りる側へ知らせる必要もないと考えています。

勤務先を書かないことで審査に不利になったりするなら書かないといけない気もしますが、逆に書いてしまったために会社内でカードローンからお金を借入れしようとしているというコトがバレたりしたらイヤだなとか考えてしまって申込みできずにいます。書く必要が本当にあるのか教えてください。
(⇒在籍確認はいつ、どのようにして行われるのか?

カードローンの申込み項目の記入漏れは審査に落ちます

勤務先の記入はお金を貸す側からしたら重要な情報です。カードローンは個人を信用してお金を貸すので収入が安定しているのかどうかをしっかり把握する必要があるのです。

収入を把握するには勤務先が重要ですよね。例えば勤務先を見て公務員となると収入が安定していると判断できますよね。大企業なら倒産の心配はなく年収も高いと評価できます。しかし、だからといって中小企業や自営業では評価が低いのかといえばそんなことはありません。勤務先に連絡を入れて働いていることが分かれば十分なのです。

しかし中小企業と大企業では延滞する確率が違うというデータがあるので大企業の方が貸す側の印象が良く、評価が高くなることはあります。けれどもそれが原因で審査に落ちるということはありません。

一方で記入漏れは審査に落ちる原因になります。意図的でも、うっかりミスでもどちらにしても記入漏れや誤字、脱字は審査に落ちる原因になるので丁寧に記入漏れの無いように申込み項目を確実に記入する必要がありますよ。

勤務先に連絡が入ることがイヤなようですが、カードローン会社も商売ですのでカードローン会社からお金を借り入れしようとしているといった個人情報を漏らすことはしませんよ。

カードローンでは勤務先の確認が必要

カードローンを利用するためには、金融機関に勤務先を知らせる必要があります。これはカードローンでの審査では、ネットで行うことが多く、そのため返済能力があるかどうかの判断が難しくなってしまうために、勤務先に電話をして働いているかどうかを確認する必要があるからです。通常カードローンなどの融資を行う場合には、窓口で契約する必要がありました。窓口に年収や住所などの必要書類を持っていき、それを金融機関に見せて、返済能力を証明し、そして利用を開始するという手順を踏んでいました。そのため勤務先に電話をしなくても、これらの書類で証明をする為に、返済能力の証明をすることが出来たのです。

しかしネット上ではこれらの書類を見せることはできません。そのためネット上で審査を行うためには、勤務先で働いているかどうかを確認するための、在籍確認を行う必要があるのです。この在籍確認が、審査を早くするために必要な手順です。在籍確認を行わない場合には、窓口に行って必要書類を見せるか、それとも郵送で必要書類を送らなければなりません。そのため窓口に行ったり、必要書類を送らなければならない、という手間が発生するため、審査が終わるまで時間がかかってしまいます。これらの手順を省くために効果的なのが、在籍確認なのです。このように在籍確認はとても大切な手順です。

職場の人にカードローンのことを知られてしまうと不都合だと思うかもしれません。しかしそのような心配をする必要はありません。在籍確認では職場の人に知られることは無いからです。金融機関が在籍確認を行う時には、金融機関だということは名乗らないからです。また在籍の確認が取れ次第、それ以上深く突っ込んだ会話はしないためにばれることはありません。このようにカードローンの審査においては、勤務先に在籍確認を行う必要があります。また職場の人に知られる可能性はありませんので、安心して審査を申し込むことが出来るのです。

【参考ページ】
カードローンの在籍確認は無しに出来る?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.