カードローンは会社に連絡いくと聞いたが…

キャッシングベスト3

カードローンを使うと会社に連絡いくと聞いたのですが…

何かしらの消費者金融や銀行系カードローンなどで借り入れをするとなると、たいていの業者では会社に連絡いくというように聞いています。会社に連絡いくのは自分自身でとってしまえば問題はないと思いますが、他の人が電話をとってしまうと大変なことになる可能性もあります。

このカードローンを使うと会社に連絡いくというのをなしにしてもらう、というようなことは出来ないのでしょうか。できればカードローンを使っても会社に連絡が行かないようにできれば個人的には助かるのですが。(参考ページはこちら→カードローンの会社の在籍確認を無くすには

業者を選べばカードローンの連絡が会社に行かない

確かに多くの業者ではカードローンを利用すると、ほとんど会社に連絡いくことになっています。これは1つのルールというか決められていることであり、借り入れをする人の審査の一環で行われていることです。つまり審査の1つということになるわけで、必ずと言っていいほど殆どの業者で行われています。が、業者の中には電話をあえてしないというところもあります。

しかもこれは大手の業者でも増えてきており、電話をして在籍確認しないような業者も多いのです。例えばですが、ある大手の業者では在籍確認をするかしないかを選ぶことが出来ます。申し込みの時点で選んで電話をかけてほしくないというのであれば、会社に電話をかけないでほしいということが出来るのです。

当然それだけでは在籍確認ができないので変わりの方法として、会社関係の書類というものを必ず提出してもらうようにしているようです。会社名が書いてあるもので、よくあるのは社会保険証などを出してもらう事が多いと聞いています。在籍確認の電話を会社にしない代わりに、こうして書類で確認をしているというわけです。この方法が小さな業者だけではなく、大手の業者にもかなり広まってきているのです。

ですから大手の業者を中心に在籍確認をしない方法がある業者を選択すること、これで会社に連絡いくことを防ぐことができるのです。会社に連絡いくことを防ぐことができれば、何かしらのトラブルなども防げるでしょうから、業者選びをしっかりとしましょう。

カードローン契約時に会社に連絡いくリスクを回避する為には

毎日の生活では急な出費に見舞われるケースが多々起こります。家賃や食費や公共料金と言った生活費の類いから、怪我や病気の治療、子供の教育費、家族のリクリエーション費、会社の同僚や友人との飲み代、それから自分へのご褒美とも言うべき趣味やファッションに関する出費に至るまで、その機会は実に様々。そういった時にもしもお金が底をついてどうしようもない時には、手軽に銀行や消費者金融のカードローンを契約することで便利にお金を捻出することができるでしょう。(参考ページはこちら→困ったら焦らずにカードローンを用意しておこう

カードローンは自分専用のカードを発行することによって、それを用いて提携ATMを訪れるとその現金出し入れ口から自由に融資金を吹き出すことが出来ると言う借り入れ方法です。契約時にはそれぞれの利用者の経済状況にあわせて融資限度額も設定されるので、この金額の範囲内であれば、好きなだけ、何度でもお金を引き出せることになります。しかしカードローンを利用するには然るべき審査を受ける必要があります。インターネットや電話、それに店舗窓口や自動契約機などの手法を用いて、主に氏名、年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収などの個人情報を記入したものを提出しますが、こうした情報を受けて金融会社側の担当者がさっそく審査を行うこととなるのです。
(⇒カードローン審査で見られている点

この審査時には、記載内容の真偽もしっかりと精査されます。現住所や勤務先が正しいかどうかは電話確認を使って行われます。もちろん自宅に電話すれば現住所が正しいかどうかは一目瞭然。これと共に勤務先の確認のために会社に連絡いくこともあります。これはいわゆる在籍確認と呼ばれるものですが、会社で誰が応答するのか分からない環境下では、いつどんなタイミングで社内に借金の事実がバレてしまうか心配でたまらなくなるもの。こういったリスクを回避する為にも、事前に金融会社側に「会社に連絡いく際には、この企業とこの名前を名乗ってください」とあらかじめお願いしておくことも可能です。そうすれば、いざ電話がかかってきても落ち着いて応対することが可能ですし、誰からも怪しまれることはないでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.