銀行カードローン審査と通って在籍確認をする意味を教えて下さい

銀行のカードローンを使おうと思っているんですが、わからないことがあって質問しています。カードローンを使うには審査を通過しなければいけないということなんですが、どうして銀行カードローンには審査があるんでしょうか。それから、審査があるのに、それに通っても今度は会社への在籍確認もあるんですよね?それらをする意味を教えて下さい。

借りたお金を返すことができるかどうかを確認しています

お金を借りるのに審査を受けなければいけないと言われると、確かになぜだろうと思うかもしれないわね。そういう人って、きっと借りたお金を返さないとか、返せなくなるとか考えることなく、きちんと返すということを前提にお金を借りようとしているんだと思うのよね。だけど、実際に、お金を借りた人の中にはお金がいることができたらとりあえず返済を後回しにして返さない人や、返したいとは思っても経済的に返すことができなくなる人もいるのよ。

だから、銀行としてはそういう危険性がある人をあらかじめ見つけて、そういう人には融資をしないことによってお金が返ってこないリスクを負わなくて済むようにしたいのよ。銀行のカードローンって、貸すためのお金をどこから出しているかというと、預金として預け入れられているお金を利用しているのよね。

預かってただ金庫に入れておいても何の意味もないから、こうやってお金を借りたい人には借りてもらい、預けたい人には預けてもらうというようにすれば、お金も無駄にならないわけなんだけど、その分貸したお金をきちんと回収することがとても大切になるのよね。だって、回収できなかったら預金として預かったお金を返すことができなくなるわけだもの。

そんなことは銀行としてもできないから、審査をすることでお金を貸しても返してくれそうな人にだけお金を貸すということなのよ。審査の項目として見られるものに、年齢・年収・勤続年数・勤務先などがあるの。他にも持ち家かどうか、繋がる連絡先があるか、これまでの借り入れ状況がどうかなど、見られるところはたくさんあるんだけど、中でも重視されるのがこれまでの借り入れ状況と、収入なのよね。

これまでの借り入れ状況に問題があれば、まずお金を借りることはできないの。そして、専業主婦であるなどの特別な場合を除き、仕事をしていなくて収入がない場合も、お金を返すことができないとみなされるからまずお金を借りることはできないのよね。でも、書類による審査だから、虚偽報告をしようと思えばできるわけなの。

会社って、本当にたくさんあるから、いくら慣れた審査担当者でも書かれた会社名が本当にある会社かどうかを見極めることはとても難しいわ。それに、会社は本当にあるものでも、逆にその人が本当にそこで働いているかどうかはわからないわよね。だから、虚偽の申告をされても見破れないような気がするんだけど、それを見破るために在籍確認があると思ってもらったらいいわ。

審査に通ったというのは、あくまで書類上の情報をもとに決めていることなのよね。だから、本当にその職場にいることを電話によって確認したうえで、最終的に審査に通すかどうかを決めるということなの。だから、他の項目での審査に通った段階で在籍確認をして最終判断をするのよ。以上のように、カードローンの審査と在籍確認には、その人にお金を貸すことができるかどうかを判断するという意味があるのよ。

【参考ページ】
銀行カードローンの審査は一つの要素を割り出す為に必須です

銀行カードローン審査と通って在籍確認が行われる際に注意したいこと

毎日の生活では不意なタイミングでお金が不足してしまうことが少なくありません。そんな時に限って大切な出費の機会が舞い込んでくるもので、たとえば会社の大事な出張や接待が入って、その費用を立て替えなければならなかったり、急な冠婚葬祭でまとまった金額を用立てしなくてはならなくなったり、またあるいは家族の怪我や病気に伴っての通院費の捻出を余儀なくされる場合もあるでしょう。そんな時には銀行が提供するカードローンサービスを利用すると大きな利便性が得られるはずです。(参考ページはこちら→何故ピンチにカードローンが使われるのか

一枚の個人カードを発行することで、お金の不足時にはそれを用いてATMからいつでも好きなタイミングで融資金を引き出せるカードローン。この利用には然るべき審査を受ける必要があります。一般的に銀行は金融機関ということもあって、利用者が返済不能に陥ることがないように極めて慎重な審査が行われます。基本的な内容としては、申請時に記載された、氏名、年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収などを精査すると共に、信用機関情報との照合によって過去の借り入れに問題がなかったかをチェックされます。

こうして何ら問題がなければ、次に銀行カードローン審査と通って在籍確認が行われます。これは申請者が申し込み時に記載する勤務先に所属しているのかどうか、審査担当者が実際に電話することによって確認がなされるのです。本来、この在籍確認に他意は無く、記載事項に間違いや虚偽がないかを確かめるためのものですが、しかしながら利用者の中にはこの在籍確認によって会社内に借金のことが知られてしまうのを心配する人も数多くいます。基本的に在籍確認時に審査担当者が直接そのカードローンの名前を名乗ることはありませんが、それでも勘の良い社員がその電話を受けると、何となく在籍確認の電話だと気付かれてしまうこともあるのです。

そういった銀行カードローン審査通って在籍確認する段階で不安に陥ることがないように、もしも社内に知られるのが心配なのであれば、申し込み時に「在籍確認の時にはカードローンの名前を名乗らないでください」と依頼したり、あるいは「銀行名ではなく、この会社名とこの名前を名乗ってください」などとリクエストすることも可能です。審査担当者も自らの在籍確認の電話で顧客をピンチに陥れることは極力避けたいことからも、細心の注意を払ってくれることでしょう。
(⇒カードローンの在籍確認時に保護される私達のプライバシー

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.