職場への在籍確認が怖くてカードローン利用をためらってます

カードローン、ずっとずっと利用したいと思っているんです。自分はギャンブルが好きで、勝っている時はいいんですが負けてしまうと時には生活費までお金をつぎ込んでしまうこともあるくらいなんで、カードローンを利用したらもっとギャンブルが出来るっていう気持ちとここまでいったらヤバイだろうなっていう気持ちがせめぎ合っているのもあるんですが、何よりカードローンの利用を妨げているのが職場への連絡です。

こんな趣味があることは職場の人には一切言っていないです。むしろ真面目な人って感じで通しているのでお金を借りようかなんて考えてなさそうっていうくらいだと思います(笑)。なので、もし職場への連絡のせいでお金を借りるなんてことがバレたら職場にはいられないかも…とまで思ってしまうんです。だけど生活費がピンチになったときにお金を借りられるようにしておきたい。

職場の人間にバレないような連絡の受け方なんてないでしょうか?自分は内勤なので電話を取ることは出来そうなのですが…。(参考ページはこちら→カードローンの在籍確認はどこまで職場に影響する?

電話をかけてもらう時間帯を指定するなど相談してみては?

職場への連絡がネックとなってカードローンの利用をためらう人は質問者さんだけではなくって、結構たくさんの人がそう思ってるんだよね。だからお金を貸す側…カードローン会社のほうもかなり気を遣ってくれる部分でもあるんだよ。さすがに在籍確認(職場への連絡のこと)をしないでください!っていう要望には応えられないことがほとんどなんだけど、「在籍確認はこの日にしてください」とか「このあたりの時間に連絡してください」っていう希望は結構通ったりするんだよ!

質問者さんは内勤ってことは結構電話を取るチャンスがあるってことだし、他の電話がきにくい、かつ自分が電話を取りやすい時間帯を指定してみたらどうだろう?例えばお昼休みにかかってくる電話とか。お昼休みなら周りの人もどっか食べにいっていることだって多いし、あんまり電話に出る人もいないんじゃないかな?会社によってはお昼の時間をずらすって感じになるから難しいかもしれないけど…そのあたりは調整したらいいことだしね!

万が一他の人がとっちゃっても、カードローン会社ですよってバレるような言動を取ることは絶対にないから大丈夫。質問者さんがホントにそこの会社にいるのかどうかを確認するだけの電話だから長電話になることもないよ。逆に言えば、在籍確認さえいってしまえば審査に通過する可能性は結構高いってことだし、むしろ在籍確認まできたぞ!って思っちゃうほうがいいかも(笑)。

でも、ギャンブルに使いすぎるのはよくないからね!きちんと節制して利用しないとすぐに借金って膨らんじゃうからね、気をつけてね。

【参考ページ】
どうしても在籍確認が嫌な人へ

カードローンで職場に在籍確認がある場合

カードローンを申し込む際に、住所や生年月日、勤務先などを記入します。住所や生年月日は免許証などの本人確認書類で確認することができますが、勤務先は記入内容によって確認しています。記入内容に虚偽があれば借り入れができないので、ウソは書かないだろうという前提に立っていますが、確認をするには会社に連絡をしなければなりません。職場に確認する電話を在籍確認といいます。
 
在籍確認の電話は、職場に電話して本人が出ない場合、本人を呼び出すように言って、不在でも折り返しの連絡や伝言があることはありません。在籍=”いる”ということがわかればいいので、席をはずしていたり、外出しているという返事ならば在籍の確認はとることができます。”そのようなものはおりません”とか””先月で退職しました”となると、在籍は確認できないことになります。こうした電話は、クレジットカード会社やローン会社の会社名ではかかってこず、電話をかけてきたオペレータの個人名でかかってくるのが一般的です。ローンやカードを申し込んでいるという個人情報を会社に伝えないための配慮です。
 
電話がかかってきたときに本人が出ると、カードを申し込んだことと、住所や生年月日を口頭で確認して本人確認をします。その時、周りで誰かがきいていても、ローンの申し込みとわかることがないよう、本人確認の情報を回答するほかは、電話の質問に”はい”か”いいえ”で答えることができる質問になっています。 カードローンやクレジットカードの会社は、利用者の個人情報への配慮から、このように周囲にわからないようにしてくれますが、頻繁に匿名や個人名の電話が来ると、それ自体が不自然に周囲にみえることもあります。よく電話を取ってくれる同僚や、気心の知れた人には、”ショッピングモールでクレジットカードを申し込んだ”などと、内容を詳しく話さない範囲で在籍確認の電話であることを伝えると、余計な誤解や詮索を生まない場合もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.