どうして会社に確認なしカードローンが増えているの?

最近良くカードローンなどを調べている友人がいるんですけれども、その友人から聞いた情報によると会社に確認なしカードローンというものが増えているというように聞いています。会社に確認なしカードローンって珍しいなと思うのですが、どうして増えているのでしょうか。理由がわからないので教えてもらいたいのです。

会社に確認なしカードローンは消費者側のニーズから

会社に確認なしカードローンが増えている、この事実自体は本当です。真実なのですが、それにもちゃんと理由は存在してて、これは会社に確認なしカードローンのほうが利用しやすいという人が多いからです。在籍確認の電話を会社にされるのは困る、そういう人が増えてきているために業者側が対応し始めているのです。

どうして在籍確認の電話を会社にされるのが嫌かというと、働き方が多様化してきているというのが1つに挙げられます。例えば昔はサラ金と言われていて、サラリーマンが借りるものだったカードローンですが今は非正規社員や主婦の人も利用しています。昔のように電話しかなければ別ですが、今は会社の電話を私用に使うことは滅多になくなりました。
(⇒非正規でも比較的簡単に借りられるカードローン

加えて携帯電話が出てきたというのも大きいと言われています。携帯電話に私用の電話をしてもらえればいいだけなのに、携帯電話ではなくて会社に電話をされると困るというわけです。確かに会社にわざわざ家族や友達が電話をかけるということは昔なら当然だったかもしれませんが、今はそんなことはありえなくなっています。

そうなると昔以上に電話での在籍確認で目立つようになっているのです。正社員で営業マンであればまだしも、そうじゃない職種に付いている人はかなり目立つでしょう。特に正社員で営業マンじゃない人が増えてきて、そういう人もカードローンを使うようになっていき、さらに携帯電話も出てきたとなれば、在籍確認の方法を変えないといけないようになってきたというわけです。

だから最近は会社に確認なしカードローンのほうが増えてきて、給料明細などをいくらか持っていくだけで、それが在籍確認の代わりになる問業者が大手ですらも増えてきているというわけです。

会社に確認なしカードローンの見つけ方

個人向けの無担保のカードローンは、消費者金融、銀行、クレジットカード会社等、様々な業者が多様な商品を用意しており、自分の目的に合わせて適切な選択を行う事が出来る状況となっています。申し込み方法、提出書類、金利、返済方法等を比較する事により、所品内容について深く認識する事が出来ます。個人向けの無担保カードローンは、満年齢20歳以上で安定した収入がある人という事を申し込み条件としているのが一般的ですが、専業主婦や学生でも利用可能としている業者も存在しています。専業主婦や学生がカードローンを利用したい場合は、申し込み条件が甘い業者を見つける必要があります

カードローンの審査は、年収と他社借り入れが大きな比重を占めています。他の業者からの借り入れが多い場合は、マイナスの影響を及ぼすことになります。銀行や大手の消費者金融業者のカードローンは、3件以上他の業者から借り入れがある場合は審査に通るのは難しくなると考えられています。3社以上利用している場合は、申し込む前に借り入れ件数を減らす努力が有効な方法です。消費者金融やクレジットカード会社のカードローンは、総量規制という規則の対象となります。総量規制とは、借り入れ総額は年収の3分の1以内というルールであり、利用者の借り過ぎを防ぐために施行されています。既に年収の3分の1以上を利用している場合は、総量規制の対象ではない銀行系のカードローンに申し込むという方法があります。

カードローンの審査では、申し込み時の内容に虚偽がない事を確認するために、自宅や勤務先に電話をかけられます。この電話の事は在籍確認と呼ばれています。申し込み者にデメリットが生じないように、業者名ではなくオペレーターの個人名でかけられます。在籍確認が取れない場合は、審査に通る事はありません。勤務形態により、会社に電話をかけられても確認が取れない人には不利な内容です。会社に確認なしカードローンというのも登場しており、在籍確認が難しい人はこの商品を選択する事で問題を解消する事が出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.