カードローンの審査に落ちました。どうして

カードローンの審査に落ちてしまいました。返済も遅れることはあったけど完済したのに。どの支払よりも真っ先にこれまで返済に充ててきたのに、今回また新たに申請して落ちたなんて、どうすればいいの。
(⇒融資審査に落ちた理由が分からないなら調べたい事

落ちた理由を考えてみましょう。それに生活の立て直しも!

もしかして、今借金で首が回らない状態なんでしょうか?それなら複数の消費者金融にあたるより、銀行カードローンをあたるのも一つの手でしょうね。もしすでに消費者金融から複数借入しているのであれば、ローンの一本化をすることも可能ですよ。万が一、銀行でも通らない場合は債務整理をした方がいいでしょう。(参考ページはこちら→銀行カードローンを使った借金一本化について

でも、あなたに融資した会社は、貸し倒れは望みませんので最後まで返済することを心がけてくださいね。それにしても収入以上にお金を使うなどという生活の立て直しは考えた方がよさそうです。金融業者は長くお付き合いのできるお客様には、融資をしたいはずなので、延滞がどの程度、審査にマイナスイメージをもたらしたのかは不明です。

借りて欲しいと思っている金融業者の審査に落ちるワケですから、他にも理由を考えるべきでしょう。例えば、ケイタイの支払いや公共料金の支払いとか。意外とこういうことだって、支払能力をみる一つの基準にもなりますし、これらを延滞しても信用情報に記録されてしまいます。その他、現住所など在籍確認のできる場所に必ず本人がいるかどうか。

信用情報を頻繁に確認している消費者金融業者もあったり、独自の審査で返済能力が本当にあるのかどうか、チェックを設けている金融業者だってあります。融資を受けたら、確実に返済してくださいネ。

【参考ページ】
返済に延滞した事はどれだけ響いてしまっているのか?

カードローンの審査に落ちましたという人が選ぶべき2つの会社

カードローンの審査に落ちましたという人は何かの理由があるものです。一般的にカードローンの審査に落ちましたという人に良くある理由は信用情報の問題、借金の問題、年収の問題の3つのケースがあります。これらの理由でカードローンの審査に落ちましたという人は新規申込において2つの合格しやすいカードローン会社があるので覚えておくと良いです。

まず、信用情報が返済トラブル等によって低下していることが理由で不合格となった場合や借金を持っているために不合格となった場合は、申込先として審査に合格しやすい中小企業の消費者金融を選ぶと良いです。ポイントは中小企業の会社です。銀行や大手の消費者金融に比べると、信用情報に問題があっても申込可能、すでに借り入れをしている状況でも申込可能という会社が中小企業の消費者金融には多くみられます。この中小企業の消費者金融へ申し込む際にインターネットから会社の評判などをチェックしておけば、安全融資で審査に合格しやすい会社を見つけやすいので、参考知識として覚えておくと役立ちます。
(⇒中小金融業者ならではの対応に注目!

次に自分の年収が問題でカードローンの審査に落ちましたという人は銀行へ申し込んでみると良いです。この時に選ぶべき銀行は収入証明不要で申し込める銀行です。銀行は総量規制の関係から収入証明不要で申し込むことが出来るため、年収が低い人でも身分証明だけで簡単に申し込むことができ、審査については収入証明不要という内容なので年収が問われません。つまり、審査に合格しやすいカードローンです。

このようにカードローンの審査に落ちましたという人はどのような理由で不合格になったのかを推測して、上記を参考に自分の状況でも合格することができるカードローンを探してみると良いです。信用情報の問題、借金の問題、年収の問題というのはカードローン審査で不合格になりやすい代表的な理由なので、これらに思い当たる節があるならしっかりと対処法を参考にすると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.