カードローンの審査に落ちまくり、借りるにはどうすればいい?

カードローンの審査に落ちまくっていて、へこみまくっています。いったい、何がいけないのだろうかと憤りも覚えるほどです。電話応対を担当しているオペレータに尋ねてもいまいち明確にわかる返事を返してくれないので、不満に思っています。自分の何がいけないのか、性格や職歴などが関係するのでしょうか。(参考ページはこちら→審査に落ちても納得出来ない人は理由を探ってみよう

個人の性格とは関係がありません

こうしたい、と思っていることが拒絶されると、悲しいものです。自分でも覚えがあります。ただ、カードローンの審査に関しては、カードローンの会社としては、書類を見て判断しているほかありません。職歴なども問題になるわけではなく、現職については審査の対象となっています。

勤続年数といったことですね。結局、カードローンの会社としてはお金を貸すだけであって、お金をあげるわけではないのですから、貸したお金が返ってくることが何よりも大前提になります。そのための審査があるのです。これを念頭におきながら、考えてみましょう。自分のことを今一度、振り返ってみるのです。(参考ページはこちら→融資を受ける為に大事な一つの事柄

そのうえで、自分が申し込もうとしていたカードローンは審査に通るものだったのかを考える必要があります。審査が厳しいカードローンというのは、大体、利息が低いカードローンです。利息が低いカードローンは魅力的で、そこからの貸付を受けたい気持ちはわかりますが、審査も厳しいです。審査をあまめにしてくれるところを探すのなら、多少の利息が高いところを選ぶしかないでしょう。ただ、そこは違法ではないか、信用できる業者なのかは、しっかり調べることが大切です。

【参考ページ】
低金利な銀行と審査が簡単な消費者金融を比較して選ぶ

カードローン審査落ちまくりの人に教えたい受かる為の秘訣

日常生活の中ではふとしたタイミングでまとまった金額の出費が必要となることが度々起こります。毎月の公共料金や食費や家賃の支払いに始まり、電化製品やブランド物の購入、それに会社の同僚や友人同士の飲み会や食事会の費用捻出に至るまで、お金が必要となる可能性は盛りだくさん。そうした時にふとお金が不足するような事態があれば、大変困ってしまうもの。そんな時には銀行や消費者金融で活用出来るカードローンを契約しておくと迅速に融資金を用意することができて便利です

このカードローンとは一枚の個人カードを発行して携帯しておくことで、もしもお金が不足したら近場のATMに駆け込むことで手軽にお金を借り入れることが可能になります。ただし、この金融サービスを利用するには然るべき審査を受けてパスしなければなりません。審査においては申し込み時に記載した、氏名、年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収といった諸情報を精査されると同時に、氏名などを信用機関で照合することによって過去の借り入れ履歴で返済事故などが無かったか否かもチェックされることとなります。

多くの人に愛用されているカードローンですが、中にはどうしても落ちてしまう人もいるものです。もしも、カードローン審査落ちまくりで悩んでいるのであれば、その傾向と対策をしっかり練っておくことでクリアできる場合もあります。まずは職業や年収などで基準を満たせずに落ちているのであれば、ネットの口コミ情報などで自分の条件でも借りられそうなカードローンを探すところから始めるとよいでしょう。また、年収や勤続年数に関しては少しでも年収アップしたり、勤続年数が3年、5年といった基準を超えるような場合にはそのタイミングを狙って申請すると通過しやすくなります。

また、もしも同時期に他の借り入れを行っているような場合、以前の返済が滞っているような場合にはそれらをきちんと処理することによって借り入れが可能となるケースもあります。そしてもしも過去に信用機関のブラックリストに載ったことがある場合には、それらが消えるまでに5年から7年、10年と期間が必要になることもあります。カードローンの契約においてはいずれも信用が大切ですので、返済能力などを疑われないように心掛けて臨みたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.