使ってないカードローンがあると他のカード審査に落ちる都市伝説

これホントかウソか分からないんだけど、今使っていないカードローンがあると他のカード会社に借入を申請すると通らないなんて都市伝説があるんだけど。

それはあくまで都市伝説でしょ。根拠がないですよ

もし、使用していないキャッシングのカードがありましたら、解約したほうがいいですね。今後使うかもしれないのであれば、持っていてもいいですけど契約期間内でどこに置いたか分からないだとか、盗難にあったなんていう事態になると大変です。紛失は警察に盗難の被害届を出すことも当然ですが、一番怖いのがカードの暗証番号を読み取られるなどのスキミングです。

今金融業者ってどこも借りて欲しいというのがホンネです。貸金業法でしかも改正に改正を重ねているので消費者には安全になっています。借入したという個人の情報が漏れるなんてこともありません。そんなことが分かれば営業できませんので。それに、友達にまとまったおカネを借りるよりもずっと安心なんですよ。家族や会社に知られることもありませんし、返済能力さえあれば、低金利で融資を受けることができ完済まで何も心配することないんです。

それに、都市伝説を信じる前に、直接金融機関の相談窓口で相談することが一番正確な情報が入手できます。消費者金融などは今や銀行などと比べても何も問題も無いですし、無担保で保証人が要らないというのも魅力です。クレジットカードを持っているのであれば、カードローンのカードを同じように持っていても良いはずなんですが。
(⇒カードローンでは当たり前になった無担保無保証人の借入

使ってないカードローンがあると新規の審査に落ちるというのは都市伝説です

使ってないカードローンがあると、新たに別のカードローンを申し込んでも審査に落ちるという話が巷には流布していますが、これは根拠のない都市伝説です。なぜかと言うに、他社のカードローンを利用していなくても、新規に申し込みを受けた金融会社にとっては関係のない話だからです。勿論、自分のところのカードローンも同様に利用してくれない可能性もありますが、そのようなことを理由に審査を落とす金融会社はありません。但し、カードローンと言うのは、無担保でお金を貸し出す性質上、個人の信用力が重視されます。そのため、逆に使っているカードローンの件数が多い場合、即ち借入残高が多い場合には、新たにカードローンを申し込んだ際、審査で落とされる可能性があります。その理由はいくつかあります。

一つは、契約しているカードローンの件数が多いということは、1社だけでは、希望する金額まで届かなかったために、複数のカードローンを申し込んだものと金融会社は考えてしまうからです。それだけ高額のお金を借りているとなると、自分のところのカードローンをきちんと返済してくれるかどうかが心配になるため、融資しないと判断されることがあるのです。また、理由の二つ目としては、総量規制と言う規制に関係してくるからです。総量規制と言うのは、年収の3分の1までしかカードローン等でお金を借りることができないという規制であり、契約しているカードローンの件数が多いと、借入金額も多くなってしまい、この総量規制に引っ掛かると判断されるためです。

しかし、他社の借入残高は、新たに申し込みを受けた金融会社で個人信用情報を確認すれば分かることですから、使ってないカードローンがあるからといって、審査に落ちる可能性は極めて低いことです。但し、あまりに多くのカードローンを契約している場合には、お金を借りるだけ借りて逃げるのではないかと思われるので、契約するカードローンは4件程度に抑えておくべきです。一般的に言って、1社や2社とカードローンを契約していて、新たに3社目のカードローンを契約しようとする程度ならば、1社目と2社目のカードローンを使っていなくても、それが理由で3社目のカードローンが契約できないということはありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.