カードローン審査に落ちる理由を教えて

カードローンでお金を借りたいと思っています。友人がカードローンの審査に落ちたと言っていたのですが、審査は厳しいものなのでしょうか?審査に落ちる理由は主にどんな理由があるのでしょうか?詳し方がおられたら教えて頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

カードローンの審査に落ちる理由

どこの金融会社でも返済能力がないとみなされると借り入れはできません。最近は、「20歳以上の安定した収入がある方」というのが条件になっており、安定した収入があれば学生や主婦、アルバイトや派遣社員でも借り入れが可能になっていますよね。

ということは、審査が決して厳しいわけではないと言えます。ほとんどのカードローンは借り入れ最低額が1万円からなので、1万円くらいならほとんど人が借り入れることができるでしょう。ということは、借り入れの希望額が返済能力を超えているか金融事故者か無職かのどれかでないと審査には落ちないと言えると思います。

しかし、仮に借り入れ希望額が大きいとしても、審査では返済能力を見据えて貸し付け金額を決定するので、収入などの情報から返済できるであろうと思う金額を出してきます。なので、それが理由で審査を落ちることはないと言えるでしょう。

金融事故者はブラックリストや遅延延滞などをしたことがある人です。ブラックリストの場合、借り入れは相当厳しいです。ほとんどの場合が審査に落ちると考えていいでしょう。遅延延滞をしたことがある人は、ブラックリストほどではないにしても、審査が厳しくなります。(参考ページはこちら→ブラックリストだとどうしても借りられない?

もう一つは「申し込みブラック」と呼ばれる複数の会社に同時に申し込みを行った人ですが、これは同時に申し込むのには何か理由があるのではないかと思われて嫌煙されるので審査が厳しくなると言われています。

無職は論外ですね。収入がないから返済能力がない。と判断されます。以上のことが審査に落ちる理由と言えるでしょう。

キャッシングカードローン審査に落ちる理由について

カードローン審査に落ちる理由というのは、ひとつではなくいろいろな要因があります。それは、審査をしてみないと融資ができるかどうか分からない場合と、審査する以前に申込みの段階で融資できないと判断される場合があります。申し込みの段階では、まず年齢になります。各カードローン会社で申し込みができる年齢が決められています。20歳以上から申し込みをできますので、未成年のかたは申込みをすることができません。そして、上限年齢も決められていますのでカードローン会社によって60歳までや64歳、69歳までと上限はそれぞれの会社によって申込み基準が異なります。
(⇒カードローンの利用に年齢制限はつきもの

そして、定期的に収入がある方が申込みの対象となりますので、申し込み時点で無職の方は申し込みできません。いくら来月から働くことが決まっているという場合でも、現時点での内容で審査をしますので将来のことでは審査をしません。また、保険未加入も審査せずに断られます。保険とは生命保険や医療保険のことではなく、健康保険になります。自営業であれば国民健康保険、会社に勤めていれば社会保険になります。保険未加入であれば、申込みをできません。インターネットから申し込みをする場合も、保険の種類を選択します。

国保、社保、組合、共済のどれなのかです。いずれか選択しないとそこから先に進むことができませんので申し込みができないことになります。カードローン審査で落ちる理由としては、信用情報、属性、借入金額などがあります。信用情報調査で他社での取引状況を調べられます。大幅に延滞をしていたり債務整理などの手続きをしていると、その事実が登録されますので融資を受けることができなくなります。また属性ですが、属性とは勤続年数や雇用形態、住居、職種などのことです。この項目を自動審査にかけると瞬時に限度額が算出されます。この結果で融資額が0であれば借りることはできません。借入金額は、年収の3分の1を超えているとこれ以上借りられません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.