カードローンの審査に落ちた場合、再度申し込むのはNGですか?

カードローンを利用したいと思っている会社員(年収280万円)です。先日初めてカードローンに利用限度額50万円で申し込んでみたのですが、審査に落ちてしまいました。落ちた理由はわからないので対応しようがないというのが本音ですが、調べてみるとカードローンに落ちることはそんなに珍しいことではなく、同じ条件でも他の会社であれば借りることが可能な場合も多いということがわかりました。

ですので、次は別のカードローン会社に同じ希望額で申し込もうと思っているのですが、あまり時間をあけずに申し込むような形だと審査に通りづらくなってしまうなどあるでしょうか?時間を空けて同じところに再度申し込む方が確率が上がるでしょうか?

複数社へ同時に申し込まなければそれほど影響はないと思います

審査に落ちちゃったのは残念だったねー。別のところに申し込むっていうその気持ち、とっても大事!審査に落ちた後、あまり時間を空けずに申し込んだらまずいか…っていう質問だけど、よっぽど時間が開いてなかったり(結果がでたその日にまた申し込むとかね)しない限りは問題ないと思うよ。特に、別のところに申し込むなら次の日に申し込むくらいでも問題ないんじゃないかな…って思うけどね。

ただ、注意してほしいのは一度に沢山のところに申し込むっていう行為。とりあえずどうしてもお金が借りたいから、手当たり次第に申し込むなんてひとがたまーにいるんだけど、これは絶対にやらないでね。なんでかっていうと、他のカードローン会社にバレてしまうから。(参考ページはこちら→複数同時申し込みは融資審査で悪手となる

どういうことか説明すると、A社、B社、C社、D社、E社に同時に審査の申し込みをしたとするよね。A社が申し込んだ人の情報を見ると、以前X社に申し込んで審査に落ちたんだな…っていう情報までは手に入れることが出来るの。それで、A社は申し込んだ人の情報に「A社にも審査を申し込みました」って情報を追加するのね。それをB社が見ると、「X社に落ちてA社に申し込み中なんだな、なるほど」と情報を得て、さらに「B社にも審査を申し込みました」と情報を付け足す。それがC社、D社、ってなると、E社がその情報を見たときに「A社からD社までえらい申し込んでるな…この人はよっぽどお金に困ってるのではないだろうか?」って警戒されてしまうの。

警戒されてしまう=審査に通りにくくなるってことだから、このあたりは慎重にしないとダメ。早くお金を借りたいっていう気持ちからしてしまうことはよくわかるんだけど、それが逆に自分の首を締めてしまっているんだよね。そういうことをしなければきっとお金を借りることは出来ると思うから、頑張って!

カードローンの審査に落ちた後、再度申し込んで通るか

カードローンの審査に落ちた場合、そのローン会社に再度審査を申し込んで通る可能性はあるのでしょうか。これは充分あると言えます。ただ、条件はあります。たとえば、審査に通らなかった直後に、間を置かずに同じ属性で申し込んだとしても通ることはないでしょう。というのは、審査に通らない理由というのは、申込者の属性が関係しているので、その属性が変わっていないのであれば審査の結果は同じになってしまうからです。
(⇒カードローン再申し込みに必要な事

なので、二度目の審査申し込みに必要な条件としては、前回の申し込み時と比べて属性が変わっているということが重要です。では、具体的にどのような属性が変化していると審査に通る可能性が出てくるのかというと、やはり、年収が大事になってきます。たとえば、前回の申し込み時に書類に記載した年収が200万円で、それから年収が500万円にまで上がっていたら、その点が評価されて審査に通る可能性が出てきます。(⇒融資審査における年収の重要性

ただ、前回の申し込みから二度目の申し込みまでの時間があまり経過していないのに、年収が倍以上上がったということになると、貸金業者の審査担当者は不審に思う可能性があります。なので、当然、実際は年収は増えていないのに、増えたことにして申し込むというのは見破られてしまいます。年収以外で評価のポイントになるのは、家です。もし、前回の申し込み時に住んでいたのが賃貸で、二回目の時は持ち家に住んでいるのであれば、評価は上がります。

なぜ賃貸より持ち家が評価されるのかというと、まず、居場所がはっきりとするということが挙げられます。賃貸物件に住んでいる場合、引っ越しは比較的簡単ですが、持ち家の場合は引っ越しは難しいです。というのは、引っ越すのであれば、家を処分しないといけないからです。引っ越しが難しいということは、貸金業者にとって、もし返済の滞納があっても督促をしやすいということから評価が高いのです。勿論、持ち家は財産になるので、債務者が返済出来なくなった時に回収しやすいというのも高評価の理由になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.