カードローン審査の確認電話についての詳細

キャッシングベスト3

カードローン審査で確認の電話について詳しく知りたい!

旅行に行くのにお金を貯めていましたが、貯まるより先に休暇のスケジュールが決まってしまいました。思い切ってお金を借りようと思ってます。カードローンが手軽なので審査を受けようと考えていますが、確認のために電話がかかってくるそうですね。

ウチは自宅で商売をしているので、電話を受けることについては問題ないんですが、内容が気になります。事前にそれがどんなものなのか詳しく知りたいです。(参考ページはこちら→気になる在籍確認で聞かれる事

カードローン審査の確認電話は本人と在籍の2種類です

カードローンの申込では、申込書の作成が一番手間がかかることかもしれません。住所氏名生年月日などの他に、今住んでいる住宅のことや家族構成のこと、また勤務先のことまで詳しく申告しなくてはいけないからです。これはその人の返済能力を計るには大切な項目ばかりです。手抜きをせずにしっかりと申告するようにしましょう。

でもこのちょっと面倒な申込書さえ作成してしまえば、後は指示通りに流れに任せておけば大丈夫。確認電話も、その中の手続きのひとつです。かかってくるものを受ければいいだけなので、特に用意しておかねばならないことは何もありません。でもちょっとした心得は必要ですね。そのためには確認電話がどんな内容なのか、事前に調べておけば安心です。

まず確認電話には2種類あります。最初にかかってくるのが本人確認の電話。これはその人が申込をしたということを再確認するための電話で、通常は連絡がつけばそれでOKです。でももしも記入に不審な点があったりすれば、少しつっこんだ質問をされるかもしれません。特に本人になりすまして申込みをする人や、年齢を誤魔化したりする人も中にはいるので、担当者も念には念を入れて確認することもあるんです。

例えば、生年の和暦や干支を確認することもあるようですよ。「なんでこんなこと聞かれるの?」と思うかもしれないけど、このような事情あってのことなので心得ておきましょう。このような例ひとつとっても分かるように、本人確認電話は簡単に済むか少し時間がかかってしまうか、残念ながら実際に審査を受けるまでは分からないんです。担当者の判断やその会社の方針にもよりますので、多少受け答えの必要があるかもしれないということは覚えておきましょう。

あとひとつある確認電話は、勤務先への在籍確認です。これも業者によって若干違いがありますが、基本は本人確認と同様、本人がそこに在籍していることさえ分かれば十分用を足します。自営業者の場合、勤務先が同一であれば本人確認と在籍確認が兼ねて行われるかもしれません。その点は業者によっても対応が異なりますから、気になるようでしたら審査前に問い合わせておくことをお勧めします。

【参考ページ】
在籍確認は知らないうちに終わる事もある?

カードローンの契約時の確認の電話

カードローンとは消費者金融会社や銀行などで契約することができる小口融資のことです。キャッシュカードを発行してもらうことで、それを使用して専用のATM機でお金を引き出すことができます。また、クレジットカードにキャッシング機能を付けることで同様の効果が得られます。キャッシング自体は最初は数万円から始まり、使い続けることで、金額をどんどん引き上げることができます。その契約をするには、消費者金融会社の店頭や銀行の窓口で契約することもできますが、無人受付機やインターネットのWEB上で登録すると簡単に登録することができます。
(⇒インターネットからカードローンに楽々申し込み

特に、インターネットの登録は、自宅のパソコンや、普段持ち歩いているスマートフォン、携帯電話でも申し込みすることができます。ただしインターネットで申し込みした場合は、キャッシュカードは後日郵送になるので、その日のうちに受け取りたい場合は、無人受付機で申し込みすることで、その場で受け取ることができます。どこで申し込みするにしても、共通して準備しなければならないものがあります。それは、本人確認書類と収入証明書です。本人確認書類は運転免許証が一番身近なものです。他にはパスポートや健康保険証などもあります。また本人確認は書類とともに電話でも行います。
(⇒カードローンは本当にスマホから作れる?

インターネットの場合は、この書類をカメラで撮影したものをデータで送信して、書類を確認されます。無人受付機の場合は、ATMの機械のようなものでスキャンすることで、簡単にデータ化できます。よってどちらも、簡単に手続きができます。銀行では、店頭でのみしか申し込みを扱っていません。しかし、銀行は利息が安いというメリットもあります。利便性で選ぶのなら、消費者金融会社のカードローンですが、金銭的に少しでも利息を減らしたければ銀行のカードローンがお勧めです。しかし、利息は数万円程度の小口融資であれば、消費者金融会社と銀行で大差はありません。金額が大きくなれば多少の影響は出てきますが、小口融資ではあまり影響が出ないので、消費者金融会社で契約することをお勧めします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.