固定電話なしはダメ?カードローン申込で不利になるってホント?

先日結婚したばかりですが、2人とも一人暮らしが長く、特に必要も感じなかったのでモバイルだけで固定電話を持っていません。

新婚旅行がまだなので、2人で相談して少しお金を借りようという話になったんですが、固定電話なしだと審査に不利になりませんか?因に2人とも20歳代で正規雇用です。

固定電話がないというだけで審査に影響する心配はないでしょう

カードローンの審査のまず最初のとっかかりは申込書の作成です。そこには初めての人が意外に思うほど、様々な情報を入力していかなくてはなりません。氏名住所電話番号もそうだし、家族構成、住んでいる住宅が賃貸なのか持ち家なのか、ローンはどうなっているか、また勤務先の情報や勤続年数、年収などなど・・・

「えーっこんなことまで尋ねられるの?」なんて思う人も中にはいるはずです。でも見ず知らずの人に信用だけでお金を貸す以上、その人の身辺情報はどうしたって必要になりますよね。これはその人の返済能力を診断する為にも使われますが、その人の信用情報を照会したり、連絡を取るために所在を確定するにも必要な情報なんです。

例えば氏名住所電話番号や生年月日は、何かあったときに当人と直接連絡をとるだけでなく、信用情報機関に問い合わせたり、役所で住民票を確認する際にも利用されます。電話番号の必要性から考えれば、当人と連絡をとるのにはケータイ番号だけで十分だし、信用情報や住民票の確認ができるんであれば、それが特に固定電話である必要はありません。

少し前まではケータイ番号だけでは信用できないという風潮もあったけど、その後モバイルの普及によって年々事情も変わってきています。今や官公庁もケータイ番号のみで手続き可能なものが殆どだし、カードローンもそのひとつなんですよ。

ただし信用という点では、固定電話があればよりいいということは言えるかもしれません。しかしそれは極小さなポイントです。例えば10点以上で審査に通るとしたら、既に10点ある人ならば固定電話のあるなしが審査に影響することはないでしょう。でも9.9点の人がいたとしたら、これで固定電話があれば審査に通ったかもしれないなんてことはあるかもしれません。

だからといって嘘までつく必要は全くありませんよ。固定電話がないことを気にして、わざわざ実家の電話番号で申込みをしたところ、打ち合わせが不十分で本人確認がとれずに審査に落ちたなんていう例もあります。このように固定電話にこだわり過ぎは逆効果にしかなりません。たまたま固定電話を持っているならば、携帯番号と併せて申請しておきましょうという程度のものです。

【参考ページ】
カードローン審査で見られている部分について

固定電話なしでカードローンの審査は通るか

結論からすると、固定電話なしでもカードローンの審査に影響はありません。当然希望があれば固定回線への連絡も問題ありませんが、今は携帯電話のみを利用されているという個人、世帯も多くローン会社からの連絡も携帯回線への連絡が主です。それこそ携帯普及前の時代であれば、カードローンを組むとなれば「自宅の固定電話が無ければだめだ」「勤務先への在籍確認は必須条件」ということが当たり前でした。お金を借りること自体は犯罪でもなんでもないのに、どうしても「お金を借りることは悪いこと」という概念、風潮は存在します。

勤務先へはもちろんの事、家族へも知られたくない・余計な心配をかけたくないと思うのはきわめて自然なことです。とはいえ、そもそもの審査の条件の大きな要件として「安定した収入があること」「身元がしっかりしている・確実に電話連絡が取れること」という2点があります。在籍確認も含め、連絡がとれるというのはローン会社にとって非常に大事なポイントなのです。固定電話なしだとその点がマイナス判定となってしまう会社も存在し、あったほうが良いのは間違いありません。固定電話があるという事は「そこに住んでいる」という裏づけでもあり、且つ電話番号を元に加入者名や住所を確認できる電子電話帳というデータベースが存在し、特に銀行系のローン会社などでは重要視するところもあるようです。
(⇒どうしても内緒でお金を借りたい場合に

ただ前述のとおり、固定回線が減少傾向にあり携帯しか持たない単身者や、若い方であれば家庭があっても固定回線を特別必要と感じない方が増えているのが現実です。また携帯電話の番号からだと上記のようなデータベースがなく、固定電話に比べると評価が低いのは間違いありません。しかしカード会社も間違いなく、固定電話の有無に関しては寛容になっています。まずは審査にかけてみたり、オペレーターへ確認してみるのがよいでしょう。ただし、あくまでも携帯電話を持っていることが最低条件です。さすがに「固定電話も無い、携帯電話も無い」では審査を通るのは難しいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.