カードローンの仮審査で職場に電話をさせない方法とは

カードローンの仮審査をする時に業者によっては会社に電話をしてこない、というのを聞きました。職場に電話が来ないで仮審査に通るということは最近では増えてきているのでしょうか。どういうもしくは本審査になったら電話が来るということでしょうか。よくわかりません。
(⇒まずは知っておくべき仮審査と本審査の違い

仮審査も本審査も職場に電話しないカードローンが出てきた

まぁあまりにも複雑になりすぎているように、個人的にも感じるのですがカードローンの仮審査というのは職場に電話してくるところが大半です。その代わり職場に電話してこないというところも増えてきています。これは仮審査の段階だけではなく、本審査の段階でも電話をしてこないのでドキドキするようなこともないのです。

借り入れをする人たちというのは会社に電話があるような営業マンばかりではありません。一般職の人もいれば技術職の人もいるでしょう。そういうほとんど外から職場に電話をしてくる人が少ない人達にとっては、電話をしてこられると怪しまれるし怒られる対象です。今なら携帯電話があるので知り合いなら、そちらにするのが普通でしょうから。

ですから今は職場に電話をして在籍確認をするということ自体、ちょっと昔の方法になりつつあるのです。今はどちらかと言うと会社が発行している書類を利用して在籍確認をするという場合が多くなっているようです。例えば給料明細を3ヶ月分提出することや会社の名前と自分の名前が書いてある社会保険の保険証のコピーを提出するなどです。

こうすれば業者側としても職場に連絡せずとも、ちゃんと在籍しているということがわかるので心配ないというわけです。もちろんこれは仮審査だけではなく本審査の時に再度提出してもらうということはないので安心してください。仮審査に通れば本審査でもちゃんと枠の大きさが決まるまで、特に何もしなくても大丈夫でしょう。

昔であれば職場に電話をするというのは当たり前だったかもしれません。しかし携帯電話が出てきた現在、職場に連絡をするということ自体が少なくなっていますから、こういう給料明細などを使った在籍確認を仮審査の段階でするカードローンが増えているのでしょうね。

カードローンの仮審査後に職場への在籍確認の電話があります

カードローンの申込をすると、職場への在籍確認の電話があります。とかく嫌がられる在籍確認ですが、信販会社側も実際の勤務状況の確認をするためにどうしても避けることができない審査内容の一つなのです。この在籍確認は、信販会社の仮審査後にされます。大抵は個人名で電話をしてくるため会社にばれないことが多いのですが、普段外部から電話があることが少ない人に電話があると不自然なのでばれてしまいます。なんとか職場への在籍確認を回避したいものですが、信販会社によっては無条件でダメだと言われます。

しかし、中小の信販会社の場合は健康保険証を提示することで在籍確認を回避することができる場合があります。仮審査終了の連絡の際に、職場への在籍確認をしてもらいたくないと言った場合、信販会社によっては在籍確認しないと契約ができませんとまず答えてきます。ここで、簡単に引き下がらずにそれならこの申し込みがなかったことにしてくださいと言うと、対応してくれる信販会社であればちょっと待ってくださいと言うはずです。職場への在籍確認にこだわるのは、源泉徴収票だけでは過去の勤務実態はわかっても現在どうなのかが確認できないという理由なのです。そのため、現在も確実に同じ会社で働いているということを証明すればいいわけで、その手段として健康保険証は最適なのです。
(⇒融資審査で役立つ身分証と言えば

最近は信販会社間の競争が激しいので、大手の信販会社でも、交渉次第によっては在籍確認を省略するケースが多いです。また、審査が厳しいと言われる銀行でも在籍確認をしないけすが多いです。カードローンの審査時に健康保険証のコピーを要求していることから、あえて在籍確認はいらないと判断していることと、契約者によってはそこの銀行で給与振込をしているため、もともと在籍確認をする必要がないのです。在籍確認は必須だから仕方ないと思っている人も多いようですが、案外回避する手段はありますから、申込の際に相談するといいでしょう。

【参考ページ】
規模が小さい金融業者ほど融通も利く?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.