増額方法が簡単で分かりやすいカードローンはどれ?

いろいろな種類があるカードローン業者ですが、その中でも増額方法が簡単そうなものを探しています。なぜなら今まで使っていた消費者金融ではどうも増額というのが難しくて、増額方法もややこしかったからです。ルールも決まっているのかもしれませんが、一度も増額できたことがありませんでした。

ですので増額方法が分かりやすいカードローンというのを探しているのですが、おすすめはなにかありますか?

おすすめできるカードローンは大手になる理由がある

増額法法がわかりやすくて、できれば枠が大きくなりやすいカードローンということになるかと思いますが、それならばまず考えられるのは大手の業者でしょう。消費者金融系でもいいですし、大手の銀行系カードローンでもいいですが、それらを使ったほうが増額方法も分かりやすいし枠も大きくなりやすい理由があります。

なぜ大手のほうがいいかというと、これは増額方法が多種多様にあるからです。たいていの増額方法としては電話でオペレーターに申し込むというものが主流になっています。有名業者でもこの点は変わらないのですが、実はネットの専用ページから申し込むことも出来たりするのです。さらにはATMから申し込みができるというところもあります。

これらすべての電話以外で増額法法があるというのは、大手だけに許されている特権といえるでしょう。中小の業者では専用のATMを持っていないですから出来ませんし、専用のシステムページを作ることが出来るほどの大手でなければ、増額申請の方法をネットから行える場合は少ないでしょう。つまり大手ほど増額方法がたくさんあるというわけです。

もちろんだからと言って必ず枠を大きくしてもらえるものではありませんし、審査に通らないということもあります。ですので大手の中でも「増額審査に通りやすいもの」というのがありますから、増額しやすいものに絞って借り入れをするというのがポイントになるでしょう。カードローン業者もたくさんありますが、基本的に増額方法が多いのは圧倒的に大手しかない理由がちゃんとあるのです。

【参考ページ】
カードローン増額の基本ルール

カードローンの利用限度額の増額方法

消費者金融や銀行、信販会社等が用意している個人向けのカードローンは、です。急に予定が組み込まれたり、期間限定商品を購入したいのにもかかわらずお金が不足しているような場合に使用出来ます。運転免許証や住民票、健康保険証等の身分証明書だけで審査に申し込めるので面倒な準備は必要がありません。カードローンの審査は、年収や他社借り入れから判定されます。他社借り入れとは、他の業者からの借り入れ総額と件数の事であり、審査において重要な項目です。他社借り入れが多い場合は返済能力にマイナスの影響を及ぼすと考えられるので、審査に通る事が難しくなります。

審査に通った場合は、申し込み者の返済能力に応じて利用限度額が決定されます。利用限度額の範囲内であれば、繰り返し入出金を行う事が可能ですが、利用限度額を超えた金額の融資を受ける事は出来ません。利用限度額を増やしたい場合は、新たに手続きを行う必要があります。利用限度額は契約直後に直ぐに増額する事は出来ません。ルールに則った利用を継続して信頼度を高める事を求められます。ルールに則った利用とは、契約時に決定した返済日に必要額を入金するという事です。入金しなかった場合は遅延という行為に該当し、遅延が繰り返された場合は金融業者が共同加盟している信用情報機関に事故情報として記録されてしまいます。

事故情報として記録された場合は、他の業者からの新規借り入れも行えなくなります。一度記録された情報はすぐに削除される事はありません。遅延の場合は約5年間となっているので、その期間中はずっと不利益を被る事になります。逆に、ルールを守って利用を続けた場合は利用者の信用情報は良好になるので、利用限度額の上限を大きくする事も可能となります。つまり、カードローンの利用限度額の最も的確な増額方法とは、ルールを守って利用するという事になります。(参考ページはこちら→残り続ける信用情報について

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.