銀行カードローンで審査が甘いのはどこ?

クレジットカード2社に申し込みをしたけど否決、その後銀行カードローン1社に申し込んだけど、ここも否決。否決の理由は以前に支払い事故をしたことがあるのでそのせいだと見当がついています。それでもクレジットカードや銀行カードローンでカードを作る方法ってありませんか?審査が甘いのはどこですか?

ちなみに、生活費やマイカーローンなどお金が必要になった時の為にクレジットカードやカードローンの利用を考えています。給料が歩合制なので多い月があれば少ない月もあって安定していないのです。少ない月でも焦らないようにカードローンが使えるようにしておきたいです。

過去に支払い事故があるなら、その履歴が消えるまでムリ

銀行カードローンは最近では審査が緩くなってきていると言いますが、過去に支払い事故があるのなら話しは別です。過去に支払い事故があるのなら中小規模の消費者金融で「ブラックでも貸します」とアピールしているところが借りやすくなっていますよ。(参考ページはこちら→ブラックOKなカードローンは大丈夫?

どうしても銀行カードローンにこだわるのなら信用情報機関から支払い事故の登録が消える5年後に申し込みをしましょう。もっとも審査に通るかどうかは申し込む人の勤続年数や年収、他社借入れ状況などの情報がポイント。他にも居住形態や居住年数なども細かく審査してお金を貸しても返済してもらえると銀行側に判断してもらえないとお金を借りることはできません。

そのため、信用情報から支払い事故の登録が消えるまでの期間を利用して、転職せずに勤続年数を延ばしたり、アルバイトなら社員へなったり、収入を増やしたり、引越しをせずに居住年数を延ばしたり、といった様に審査に有利になるように準備をしましょう。

【参考ページ】
カードローンとクレジットカードの違い

銀行口座を持っている人は銀行カードローンは審査が甘いのか

銀行カードローンを利用しようとする際には、その銀行の口座を持っている人ならば審査が甘い場合があるかと言うと、実はあります。正確にいうと、銀行口座を持っていれば、その口座を申し込んだ時点で住所や氏名、年齢や電話番号などの個人情報は銀行側に伝わっていますし、その口座の利用状況や残高をみれば、その人のお金の使い方も分かってしまいます。そのため、既にカードローンを利用するための審査が完了している場合があるからです。そのような人は、銀行のATMを使って、お金の預け入れや引き下し等をしている際に、カードローンの申し込みについての画面が出てくることがある程です。従って、銀行カードローンを申し込むと、すぐに契約可能な状態になっているのです。
(⇒銀行カードローンはATMで便利に使えます

また、銀行カードローンは、総量規制と言う規制の対象外となっていることからも、消費者金融などの金融会社でカードローンを申し込むよりも、審査のハードルが一つなくなりますので、結果的に審査が甘いとみることができます。この総量規制と言うのは、消費者金融などの金融会社からの借入額が、年収の3分の1までに制限されるという規制です。例えば年収が300百万円の人ならば、消費者金融などから借り入れすることができる金額は、100万円までとなってしまうのです。しかし、銀行はこの規制の対象外ですから、例え他の金融会社から、年収の3分の1を超えるお金を借りていたとしても、審査でそのことが問題になるわけではありません。但し、あまりに多くの借金を抱えていると、この人は本当にこれだけの借金を返済することができるのだろうか、と思われてしまうので、審査に通りにくくなる場合もあります。

また、特にメガバンクと呼ばれる大手銀行の場合、不良債権処理が進んでいて、銀行の抱えている不良債権は大幅に減少しており、積極的な融資をする余力がありますので、審査が甘い傾向があります。特にこれらの銀行は、審査をして融資をすることが社会的な使命となっていますので、ローンによる資金供給に対する重要な役割を担っているため、小口融資の増加を重視しているので、審査が甘い傾向にあるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.