銀行系のカードローンで審査が甘いところはどこだろう

消費者金融のカードローンを利用していました。返済は滞りなく済んで、利用せずに2年が経ちました。最近、友人の結婚ラッシュと自分の急な出費が重なって、また利用しようと考えていますが、銀行系のカードローンと民間の消費者金融会社のカードローンと利息の数字がだいぶ違うことを最近になって知ったのです。(参考ページはこちら→銀行と消費者金融の違い

以前は、気軽に考えていて、友人の勧めもあった民間の会社を借りていたのです。ろくに調べもしなくて、浅はかだったなーと思いつつ、過ぎたことなので、いいかなって。今回は、しっかり調べていきたいのですが。

銀行系のカードローンで審査があまいところは広告をよく見るところ

カードローンと一言にいっても、たくさんあります。現在だと、よくクレジットカードについてきているものもありますね。もともと、クレジットカードをもつことができるのなら、だいたいのカードローンを利用することができます。銀行系のカードローンとなると、審査の基準の中でも難しくなるのが、利用目的だったりします。

車のローン、住宅のローンなどそういった使用目的が明確なものに関しては、お金を貸してくれますが、フリーローンなどになると、一気に審査が厳しくなるのが現状です。家計のやりくりのためのローンとなると、審査も厳しくなるというものです。そこで、民間の消費者金融会社となると、スピーディに審査を通してくれ、ATMからお金を引き出すように、貸してくれます。

そういう消費者金融会社と提携している銀行のカードローンがあります。そういうカードローンの場合、審査は○○信販会社が行っています、などの記述がありますので、よく読んでみましょう。消費者金融会社と提携している銀行系カードローンは審査があまく、通りやすいです。一度、申し込みを試みてください。ただ、ダメでも落ち込まずに、別の銀行へとチャレンジしていってくださいね。人格を否定されているわけではありませんから。
(⇒銀行の信販会社ってどんなところ?

銀行のカードローンは甘い審査をしてくれるのか

一般的に銀行のカードローンは審査が厳しいと言われています。しかし、厳しいと言われる原因の多くは、職業で振り分けをしているためパートやアルバイトの方などで不安定な職業と判断した人には融資限度額が少なくなることによります。しかしそのような銀行のカードローンでも、案外甘いと思われるような判断をすることがあります。給与振込をしていたり取引が長い人に対しては、結構優遇をしてくれることが多いのです。また、銀行によってはカードローンの営業を積極的にしているケースもあり、この場合も他行と比べると甘いのかなというイメージを持たれることがあります。
(⇒不安定な仕事ではカードローンは厳しい?

とはいえ、銀行の審査は決して甘くありません。最近のカードローンの審査は、ほとんどコンピューター審査となっています。そのため、審査ブログラムが厳しくなっていれば、自然と職業や年収で審査が通らなかったり融資限度額が少なくなったりするのです。このプログラムの内容ですべて決まってくるのです。とはいえ、プログラム上取引が多かったり長かったりする場合には、融資限度額の上乗せをしてくれるケースもあり、甘いのかなと思わせる原因になっています。しかし、審査上で融資限度額を決める一番の要因は年収であり、総量規制のように無条件に年収の3分の1で切り捨てるようなことはないものの、一定限度額で融資限度額は決まってしまいます。
(⇒総量規制のルールはカードローンにどう影響する?

実際の融資限度額は、その人の職業などを考慮して年収から単純に算定した融資限度額から差し引いた金額を提示しているのですが、取引が多かったりする人に対しては、年収から逆算した融資限度額に近づけた限度額を設定してくれるのです。そんなことなら最初から年収だけで融資限度額を決めればいいではないかと言われるのですが、そこが銀行の固いところであり融通が利かないところです。源泉徴収票に記載された年収は前年のデータであり、今のものではありません。そのため将来のことはわからないという判断をするため、若干割り引いて融資限度額を決めるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.