おススメの銀行カードローン審査が甘いとこ?

銀行カードローンって銀行によって審査の難易度とか違うの?それならこないだ受けたところは否決になったけど、もしかして可決できる可能性が残っているってことだよね?それが銀行カードローン審査が甘いとこ?

おススメの銀行カードローン審査が甘いところってどこ?情報がありすぎてどこがいいのかサッパリわかんない。銀行がダメなら消費者金融って手もあるけど、取りあえず銀行で粘ってみたいんだ。情報下さい。

銀行カードローンの審査には保証会社がポイント

銀行カードローンと消費者金融の違いといえば銀行カードローンでは保証会社が審査を行うという点があげられるわよ。銀行だと、銀行独自の審査と保証会社の審査があるってわけ。だから、この保証会社によっても審査の難易度が変わってくるわよね。

例えば、保証会社が信販会社と消費者金融だったら消費者金融の方が通りやすいわよ。だから審査の甘いところを探すのなら保証会社が消費者金融のところに注目してみたらいいのよ。

あとは金利ね。銀行の中でも金利って低いところもあれば高いところもあるでしょ?だから同じ借入金額で金利が低いところっていえば審査も厳しくなるってことよ。

でも、今は銀行も新規のお客様獲得のために審査が緩くなってきているから銀行から借り入れしたいのなら狙い目よね。それから、一度にたくさんのところに申し込むのは止めてよ。既に一か所申し込んでるわけだし、あと1社か2社に絞っておかないと今度は申込みブラックで否決になっちゃうわよ。1社か2社申し込んでダメだったら、時期をずらした方がいいのよ。最低でも半年は明けてから再チャレンジしてね。そうしたら申し込みをした情報がなくなるから、また一からの情報にリセットできるわよ。

【参考ページ】
審査面での銀行と消費者金融の比較結果

一体どこの銀行カードローン審査が甘いとこ?

銀行系のカードローンは一般的に審査が厳しいと言われていますが、それはメガバンクや上位の地銀の話です。地銀でも下位レベルの銀行であったり、信金や労金は審査があまり厳しくありません。特に信金や労金は、大手の信販会社より審査があまいと言われています。銀行カードローン審査が甘いとこ?と聞かれれば、信金や労金が挙げられるでしょう。しかし、信金や労金であっても野放図に貸し付けをするわけではなく、審査をきちんとしています。他の銀行との違いは、融通を利かせることができるか否かです。(参考ページはこちら→融通の利く銀行融資はどこで受ける?

例えば、メガバンクレベルのカードローンの審査は、職業で融資限度額が減額されます。ある程度の収入があり、勤続年数が長くても、中小企業だったりパートやアルバイトの場合は将来の見通しがわからないという理由で減額されてしまうのです。派遣の仕事の人の場合、減額の割合はもっと高くなります。信金や労金の場合もこのような減額をするケースがありますが、自金庫で給与振込をしている場合は減額されないケースがあります。これは、ただ単に取引が多いからという理由だけではなく、給与振込をしてもらっていることで働いている会社の規模がわかるからです。また、万が一の貸倒の際にも対応が取りやすいことも利点です。
(⇒借り入れ先としての信用金庫の強みとは

このことは、メガバンクなどでも同じで、給与振込をしていると融資限度額が上がるという優遇措置を取ってくれるケースは多いです。しかし、それは大企業で働いている人や公務員の人に限定されており、他の人はあまり給与振込をしていても信金や労金ほどのメリットはありません。信金や労金は、地元密着の営業姿勢であることと、法人より個人相手の取引が多いためカードローンについては積極的に営業活動をしています。特に労金は個人向けローンが充実していることからわかるように、カードローンについても積極的です。また、一部の地銀のように保証会社を変えた2種類のカードローンを準備して、厳しい保証会社の審査の融資限度額に不満であれば、もう一つの保証会社で審査を受けることができるというケースもあります。
(⇒銀行と保証会社の関係

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.