審査が通りやすいカードローンはどれ?審査基準を比較します

カードローンの申し込みをしたいと考えているのですが、審査が不安です。仕事がパートタイムなこともありますが、現在1件別のところでカードローンを利用しています。利用金額はそんなに多いほうではないので審査が甘めなカードローンであれば大丈夫では無いかと思うのですが、カードローンの審査に通る基準って何なのでしょうか。
(⇒パートタイムでも果たして融資は受けられるのか?

銀行系よりも消費者金融系などの方が審査が甘いといわれています

カードローンの審査は、金融機関によって基準が違い、一概に銀行だから厳しいというわけでもないようです。借入の審査は収入や職業、年収、他社からの借入などの本人属性をポイントにして判断されてるようです。銀行系が厳しいといわれるのはこのポイントを算出した後に審査に通る点数が高く設定しているからだと思われます。審査に通る基準は金融機関によっても違い、また公表されていないので本当のところはわかりません。きちんと収入がある、返済などの遅延がない、他社からの借入があっても基準内、というところだと思います。特に返済の遅延などが過去にある場合は厳しくみられますので、これがある場合は審査に通るのは厳しくなってきます。

また、一般的には銀行のカードローンは審査が厳しいと思われがちですが、審査が甘めといわれる銀行もあります。大手の都市銀行などは確かに審査が厳しいようですが、いわゆるネット銀行のカードローンは比較的審査が甘いと言われています。他のサービスと提携している場合も多く、そちらへの誘引目的もあって審査が甘いことが多いようです。またおまとめローンに対応している場合も多いので、この場合は他社の借入があっても審査に通る可能性が高いです。

またそれでも銀行系は厳しいという方は、消費者金融系のカードローンをオススメします。消費者金融というと悪いイメージがありますが、最近では銀行の傘下にはいっている消費者金融も多く、サービスも多様化しています。やはり貸金をメイン業務にしているだけあって、契約や使い勝手は他の金融機関に比べて良いと言えます。また気になる金利も極端に高いわけではなく、銀行系のものとあまり変わらない場合もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

審査が通りやすいカードローンの順位としては、1.消費者金融系 2.クレジット系などのノンバンク 3.ネット銀行 だと思います。審査されるポイントはどこも大体同じです。その基準が高いか低いかの差になりますので、申し込む前にご自身の利用の状況などを確かめてみてください。また最近はWEBで仮審査が受けられるものもありますので、申し込み可能かどうか試してみるといいと思います。
(⇒例外的に融資を受けやすい中小金融業者について

審査が通りやすいカードローン。具体的な審査の比較

昨今では様々な分野の業者がカードローンなどの個人向け融資に参入しています。そういった融資を行う際には金融審査に合格する必要があり、それで失格すると利用することができないのですが、この審査とは業者や契約形態によって基準が変わってくるので、一か所でダメでも他の企業や他の契約であれば合格する場合があります。一般的に審査が通りやすい金融契約とは金利が高く、返済期間も短く、そして貸し出すお金は少ないという借りる側ではなくて貸す側に有利な設定であるというのが基本です。ですから逆に審査が厳しいカードローンと言うのは、金利が安く返済期間も長い、そして貸し出せる限度額が高いものというのが多いです。

具体的に厳しい物から考えていくと、銀行などが行っている目的別ローンはもっとも厳しく、サラ金などの消費者金融が行っている融資が緩いというのが一般的です。ですが、あまりにも貸す側に有利な契約の場合、いくら基準を甘くしたと言っても来る人は限られますし、貸しても返済がなされなかった損となりますのである程度の基準は儲けられています。カードローンに限って考えると、一般的なカードローンは目的に対して制約が事業資金としての利用はダメという物以外ないものですが、一部の業者では目的別カードローンを行っている業者もありますし、基本的に許されない事業目的を可能としている所もあり、そういった所は比較的厳しい傾向にあります。

次に厳しいのが銀行が直接行っており、キャッシュカードなどに添付されているローンでその次にはクレジットカードに付加されるサービスとしてのローンです。これらは大抵の場合外部の金融業者などに委託することが多いのですが、場合によっては買収した消費者金融などが行う事もあります。最後に一番審査が通りやすいローンが、独自資本の消費者金融が行っている物となっています。グレーゾーン金利撤廃や総量規制の影響でこういった多くの業者は買収などされたのですが、一部の業者は大手金融業者が貸し出さない人間に貸し出すという事を行って生き残りをしている業者もあり、そういった業者は比較的借りやすい傾向にあるのです。
(⇒銀行の融資業務委託先とは

【参考ページ】
主な金融業者である銀行と消費者金融を比較!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.