カードローン審査通るためには何をしたらいい?

初めてカードローンに申し込みをします。24歳で勤務年数は2年の会社員です。借入希望は20万円で彼女と旅行に行くためにお金を借りたいです。旅行は彼女の希望で彼女の誕生日に1泊2日で温泉へ行く予定です。日ごろの疲れを癒したり、彼女においしいものを食べて欲しいと思っていて旅行のプランを立てています。既に予約済みです。誕生日プレゼントとしてサプライズにしたいので彼女には内緒にしています。

しかし、ボーナス前に20万円を用意するのは難しいのでカードローンで借りてボーナスで返済を考えています。カードローン審査通るためには何をしたらいいですか?これをしたら通りやすくなるとかあったらアドバイスください。借り入れ先は消費者金融の無利息期間というのを利用で来たらいいなと考えています。

審査が通るかは申込む人の返済能力によって決まる

初めてカードローンに申し込む時には通るかどうか不安になるわよね。カードローンの審査に通るかどうかって実は申し込む人の返済能力が高いか低いかによって決まるのよ。まずは申し込む人の基本情報である年齢。年齢は若い方が審査に通りやすいの。20代30代が通りやすくなってるわよ。年齢が上がるにつれてマイナス評価になっちゃうの。

それから居住形態。持ち家なのか、賃貸なのか、持ち家なら住宅ローンはあるのかといったことを申請するわよ。もちろん持ち家で住宅ローン無しが審査に通りやすいわね。あとはどのくらい住んでいるのかも重要。賃貸でも10年以上住んでいたら好評価。逆に1年未満はマイナス評価よ。電話も重要な情報で固定電話と携帯電話の両方を持っていたら好評価になるわよ。

他にも勤務先についても申請するわよね。公務員なら高評価、次に大手、中小企業となって無職はマイナス評価よ。会社の従業員数から規模を判断しているわよ。また、アンケートとして使用用途を書く欄があったら生活費って書くのは避けた方がいいわよ。生活費って書いてあったら返済してもらえるのか不安になるでしょ?あなたは旅行目的だから旅行って素直に書くといいわね。他にもレジャー費とかって書くと印象がいいのよね。

審査に通りたいなら申し込む時の情報は誤魔化さずに正確に、印象が良くなるように伝えるといいわよ。

【参考ページ】
旅行でカードローンを使ってみた経験談

カードローン審査通るために必要なこととは何か

毎日の生活ではその随所で急な出費に対応していかねばなりません。また、もしも必要なお金が不足してしまった時には、何らかの手段を用いて迅速に資金を捻出することが求められます。もちろん、親や友人などを頼ってお金を都合してもらうのも一つの手段ですが、しかしそればかrに頼っては後々の関係性をこじらせかねません。ここはあくまで自己責任のもとでお金を用立てするためにも、銀行や消費者金融を使って手軽に借り入れ手続きを行うのが最適と言えるでしょう。(参考ページはこちら→急な出費に融資が最適な理由

こうした借り入れ方法の中でも、カードローンはその代表格といえるもの。一枚の個人カードを発行してそれを常に携帯しておくことで、お金が不足したおりには近場のATMへ駆けつければ迅速に融資金を引き出せるようになります。しかしながら、この利便性を享受するためにはカードローン審査通ることが欠かせません。まずはパソコンやスマートホンといった通信機器を用いてインターネットで申し込むことも可能です。また電話や郵送、ファックスなどでも申し込みが行えます。さらにスピーディーな対応を求めるのであれば、ネットで近場の自動契約機の所在場所を調べた上で出向くと、その場で簡単に申請できて、さらに30分から60分の審査時間を経てその場で個人カードを受け取ることが出来ます。
(⇒急ぎの人はネット申し込みから優先的に使おう

審査では申し込み時に記載した、氏名、住所、年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収などの情報が正しいかどうかを入念に確かめ、なおかつ職業や年収などから個々人の返済能力を見定めて融資の可否や融資限度額の決定などが行われます。これに加えて、信用機関に申請者の名前を問い合わせた上で、その人物が過去に返済事故などを起こしていないかどうかを確認することもできます。

また、場合に応じて身分証明書や収入証明書の提示が求められることもあると同時に、金融会社の担当者が現住所や勤務先住所などに直接電話をかけることで在籍確認を行うケースも多々あります。こうしてカードローン審査通ることで、はじめて融資の許可が下りて、個人カードが発行されることとなるのです。昨今ではコンビニチェーンと提携しているカードローンも数多く存在することから、朝方から深夜帯まで、専用カードを保持しておきさえすれば、いつでも駆けつけて融資金を引き出すことが可能。実に利便性に富んだ借り入れ方法と言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.