ブラックがカードローン審査に通るのは何故

キャッシングベスト3

ブラックでカードローン審査に通過出来た人ってどうやったの?

こないだブラックでも審査に通ったという人の話をネットで読みました。でもブラックになったら絶対にどこからも借りれないと言われていますよね。

ブラックが借りれてしまったら意味がないんじゃないでしょうか?こういう人ってどうやって審査に通ったんでしょう?嘘ついたのかな?(参考ページはこちら→ブラックでもOKとされるカードローンは実在する?

ブラックであっても通るような業者も存在します

確かにブラックでもお金を借りれたと言う人はいますね。でも「自分はブラックです」と言っている人の中にも、実際にはそうではない人も混じっているということもあるんですよ。現在お金を借り難い状況になっていることを「ブラック」だと称している人もいますが、実際には事故情報が登録されていなければブラックではありません。

確かに軽い延滞が続いても審査には通り難くなりますが、これは一定期間を過ぎてしまうと情報が消えてしまいますから、また元通り審査を受けることができるようになります。その期間も2年間と短いので、比較的すぐに解決します。また総量規制以上の借入をしていても、その間は消費者金融の審査には絶対通りませんから、やはりブラックだと言うこともできます。しかしこれも、返済が進めばまた借りることができるようになりますから、ブラックといっても極一時的なものです。

このように、一時的にお金を借りれなくなることも含めると、ブラックと同じ状況になっている人は結構多いんですよ。しかし本当の事故情報とは、債務整理をしたことと数ヶ月以上の延滞の記録のことをいいます。事故情報については、各情報機関が共有しているデータですぐに照会できてしまいますから、どこで審査を受けても真っ先にチェックが入ります。ですから、申込書で嘘をついてもすぐに分かってしまいますよ。

事故情報はこのように審査においては非常に重大な情報ではあるのですが、そうは言っても、別に事故情報のある人にお金を貸してはいけないという法律や規定がある訳ではありません。つまりその人に貸すか貸さないかの判断は、各業者が勝手にして構わないんです。ブラックなんかはご免だと門前払いする業者がいる一方で、「うちはブラックでも条件次第では貸すよ」という業者だって存在します。

そんな業者であれば、その人の状況を総合して審査した上で返済能力ありと判断されれば、ブラックであることに関わらずお金を貸してくれるんです。通常の多くの業者はブラックであるということで一律に足切りをしてしまいますが、中にはちゃんと返済できる人だっているでしょう。そのような人を審査で選んだ上で、お金を融通しているんです。

このような業者をよく選べば、例えブラックであっても何とかお金を借りることも可能です。ただしその中には、返済ができないと分かっていてもお構いなしに高利でお金を貸し付けるような業者もいます。普通の業者ではお金を借りれないブラックだと、悪質な業者にも目をつけられやすいので、くれぐれも用心しなくてはなりません。このような業者でお金を借りてしまうと、後々まで面倒に巻き込まれてお金を吸い取られてしまいますよ。

カードローン審査でブラックでも通過出来た人がいます

一般的に金融事故を起こしたブラックの人は信販会社では相手にされません。カードローン審査上、無条件に契約不可となってしまうのです。しかし、このような人であっても、収入と支出のバランスから融資できる人も存在します。信販会社によっては、個人信用情報機関のデータだけを頼ることなく審査をしている場合があり、このような場合ブラックであっても通過出来た人がいるのです。信販会社も過当競争の時代に突入し、他社と同じことをしていては商売ができなくなりました。従前はカードローンに参入しなかった銀行が手広く営業をしてることもあり、優良顧客がそちらへ流れてしまったのです。そのため、新規開拓の必要が生じてきたわけです。

新規開拓の顧客として目を付けたのが、今まで無条件で審査さえしなかったブラックの人たちです。昔からこのような人たちを対象に融資をしていた信販会社は存在していましたが、最近徐々に増加してきました。ただし、金融事故を起こした前科がある人たちですから、対応には十分注意が必要になります。信販会社の審査は、現在の現金収支がどうなっているかをまず確認します。収入から支出を引いた金額が返済余力となりますので、そこから逆算した金額が融資可能額です。ブラックの人が必ずしも、ルーズな人ばかりではなく、何らかの事情で金融事故を引き起こしてしまったという例も少なくないことから、信販会社側も無条件に契約拒否をする理由はないのです。

もっとも、通常の顧客よりは金利を高く設定し、万が一の貸倒に対応しています。このような貸付は、金利を高く設定できるので、リスクを取りに行くことができる信販会社にとっては、収益性の高い商売と言えます。その人の現金収支をきちんと把握することができればリスクは減りますし、安心して貸付もできます。リスクを抑えることができれば、高収益を上げることができるため大歓迎なのです。そのため、ブラックであってもカードローン審査に通過出来た人がいるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.