年寄りでも通るカードローンなんてあるか?

キャッシングベスト3

年金をもらう年寄りでも通るカードローンってどういうもの?

先日カードローンを見てみると、年金をもらっている人は借り入れができないというように注意事項に書いてありました。年金がもらえる年齢である、65歳から先は借入の申込ができないようなのですが、これでは年をとった時にすごい困ってしまいます。

どうにかして年金をもらうくらいの高齢者になっても、年寄りでも通るカードローンを知りたいです。もしかして日本には消費者金融も含めて、年寄りでも通るカードローンなんて存在していないのでしょうか。

今現在は少ないがあるにはある。将来的には増える可能性も

今現在、年寄りでも通るカードローンがどのくらいあるかと言うとかなり少ないのは間違いありません。大手の有名業者は年金がもらえるような歳になったら申し込みすら出来ないようになっていますが、地方銀行であるとか小さな消費者金融であれば、75歳位まで借り入れができるところもあるにはあります。それらを使えば問題はないでしょう。

年寄りでも通るカードローンはあるにはありますが数は少ないのは間違いありません。じゃあこれが今若い人たちでカードローンを使っている人が、年齢を重ねて老人になった時に使えるようになっているか?というと、これもはっきりとしたことは言えないでしょう。将来的にはもしかしたら高齢社会になっているわけですし、どんどん使えるカードローンも増える可能性もあります。

あくまで可能性ですし、将来のことはわかりませんが現状使えるものといえば少なく、年寄りでも通るカードローンといったら地方の銀行系カードローンか、地方の小さい消費者金融を使うことになるでしょう。ただこれらはあくまで闇金などではありませんし、問題なく使えるのですが、返済についてだけは気をつけておいたほうがいいでしょう。年金の受給額が今後増えるということは考えにくいので。

以上のように借り入れをするのが難しくなっているというのはそのとおりですが、カードローンを使うならば今のところ使えないことはないですし限定されますが一応返済に気をつけていれば年金をもらう歳になっても借入は可能といえるでしょう。

【参考ページ】
今現在の平均的なカードローンの利用年齢制限について

年金を受給しているお年寄りでも通るカードローン

多くの高齢者の場合、コツコツと貯めてきた預貯金を切り崩したり、支給される年金を生活費として老後の生活を営んでいる人がほとんどではないでしょうか。高齢になれば働く意思はあっても働かせてくれる職場を探すのは困難になりますし、仮に高齢者でも働ける職場が見つかったとしても若い時代のように身体に無理は利きません。また、少子高齢化が進む中で年金の支給開始が繰り下げられたり、減額されたりといった高齢者にとっては非常に経済的に不安定な状況となっています。しかしながら、高齢者の生活では医療費や孫へのお小遣いなど、何かと出費が嵩んでしまいがちです。ある程度の金額であれば預貯金から何とか工面をすることもできますが、毎回、預貯金を切り崩すわけにもいきません。
(⇒危なくなる前には用意しておきたいカードローン

そのようなときに若い世代の人たちであれば、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどを利用するといった手段がありますが、それらを利用するためには安定した収入があるということが求められるため、仕事に就いていない高齢者の場合にはその条件を満たすことができません。カードローンやキャッシングでは、安定した収入があるということが利用者本人の信用力を証明するうえでもっとも効果的な証だからです。しかし、高齢者だからといって必ずしも消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンが利用できないというわけではありません。

お年寄りでも通るカードローンやキャッシングは少なからずあります。これは消費者金融や銀行側の判断次第ですが、支給される年金や賃貸経営などで得られる家賃収入に関しては、キャッシングやカードローンを利用するための安定した収入と判断してくれる場合もあります。ただし、仮に年金や家賃収入が安定した収入という判断を受けられたとしても、融資の条件としてさらに返済完了時の年齢が決められていることがほとんどです。そのため、年齢を理由としてカードローンやキャッシングを利用できないケースがあるということを覚えておくようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.