カードローンの現金化はどうしてダメ

最近、カードローンを初めて使うことになって、財布にいつも持ち歩いているんだけど、姉にカードローンの話をしたら「現金化は絶対しちゃダメよ」とクギを刺されたわ。全く何のことだか意味が分からなのよ。「乗り物の回数券」だとか「商品購入後~」だとか。現金化ってどういう意味でダメよ。

カードローン現金化はどのカード会社も禁止。会員規約よく読んで

「現金化」をどのような人が使用するかといえば、現金に困っている人。悪徳業者はお金に困っている消費者がターゲットです。カードローンやクレジットカードを現金化するなどと、甘い言葉で宣伝している業者は危ないですので手を出さないことですね。どのようなパターンがあるのでしょうか。

金券ショップに持ち込む。例えば乗り物の回数券やPCをカードで買わせ、業者が商品を買い取る。今はあまり見かけませんが、一時流行ったこともあったので、カードローンの現金化の始まりなんでしょう。ただ、このような買い取りに頻繁に手を出すと、始めは現金化できたかもしれませんが、突然被害者に陥るなど金銭トラブルに巻き込まれてしまいます。

カードローンにしてもクレジットカードにしても、消費者が買い物をする目的でつくられていますので、カード利用を止められないようにしましょう。不正利用は信用の問題にも関わります。

他にも、ネット(消費者)と業者間のやり取りでカードを不正に利用させる手口もあるようです。とにかく「商品を買ったら現金に換えます。」なんていう甘い言葉を信用しない、返済に困った場合は、現金調達に奔走するのではなくてカード会社に必ず相談しましょう。

【補足事項】
クレジットカードでお金を借りるならキャッシングを使おう

現金がない場合にはカードローンを利用する

多くの日本人というものは当たり前にお金を使いながら幸せや幸福を追求していくような人生を歩んでいる人が多くなっているような状況となっていますので、当然お金が足りないということは大問題であり、何とかしてお金を用意しなければ、毎日の生活を送ることがほとんどできなくなってしまいます。もしも何かの場合で現金当たらないような状態になりましたが、当然、何とかして現金を都合しなければならず、そのような場合には、多くの人は借金を行うか知人や友達からお金を借りるというような状況となってしまう場合があります。

現在の日本ではカードローンというものが一般的に流通しており、審査に通ればカードローンでお金を借りることが簡単にできるようになってきますので、多くの人はカードローン会社と契約をし、お金が無いような場合には、このカードローンを利用してお金を都合するような習慣というものが一般的になっています。このような習慣というものは特に若者の方にとても多く、若者というものは、給料日までにお金をほとんど使ってしまうような状態となってしまう場合がとても多く、給料日前にはほとんど現金を持ち合わせていないような状況となってしまいますので、このようなカードローン会社と契約して現金を過ごしてもらう、と言うような状態になる場合がとても多くなってきています。
(⇒いざという時にカードローンはどう役立つ?

このように、現在の日本社会ではお金を借りるということに対してほとんど罪悪感というものはあまり持っていないような人がとても多くなっていますので、借金をすることに関して全く持って悪い感情を抱くという事はほとんど必要がないような状態となっており、現在のお金の問題というものを解決するために、すぐにお金を用だけしてもらうようなサービスというものを当たり前のように利用している人たちが増えてきているのです。お金がないということはとても自分の人生は貧しくなってしまいますし急なお金の必要性というものが増えてきているような世の中ですので、このようなサービスを十分に利用するということは、当然のことであります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.