カードローン返済のために不動産売却するなら順序は?

カードローンの返済や親からの借金が200万円まで膨れ上がってしまいました。手におえません。きっかけは分不相応な新築戸建を買ってしまったのが間違えでした。毎月住宅ローンの返済に追われて生活費が圧迫されてしまって、何とかするためにカードローンからお金を借りて、借りれなくなったら親から借りて、あっという間に200万円。

私はパート勤務で扶養内で働いていて毎月7万円の収入があります。そのため夫には内緒で借金を重ねてきたのですが、これ以上はどうにもなりません。毎月返済日が近づくたびに返済の計算をして、ギリギリなので返済したところからお金をまた借りての繰り返しで、精神的にももうムリです。
(⇒主婦にお勧めのカードローンについて

夫にも借金を打ち明けて不動産売却をして住宅ローンを相殺することをお願いしました。しかし、夫は住宅の売却には反対です。けれど、それしか方法を思いつきません。私の借金は私の責任なのでパート収入分で返済していくつもりです。このように不動産売却するなら順序はどうしたらいいのですか?まずはいくらで売れるのか見積もりを出して確認するべきですよね?

不動産売却は残債が残っては意味がない。不動産売却は最後の手段

住宅ローンが残った状態で不動産売却を行ってもあまり意味がありません。不動産売却することで住宅ローンの相殺は確実に出来るのでしょうか?万一相殺できなかった時には相殺できなかった分の借金が残ってしまう上に住むところも失ってしまいます。また賃貸へ引越すなら引越し費用も掛かりますし、家賃がかかるようになります。そうなるとトータルでの出費は下手したら増える可能性も秘めています。

それよりも、まずはカードローンの整理をしましょう。パート主婦であるあなたが一か所から200万円を借りるのは難しいでしょうから、おそらく複数社から借り入れをしているのでしょう。親からの借金はいくらなのでしょうか。親からの借金を差し引いてカードローン会社からはいくら借りているのでしょう?この際、親からの借金の返済はカードローン会社への返済が終わるまで待ってもらいましょう。どうしても返済が困難なら司法書士や弁護士へ相談に行って債務整理も検討してみましょう。

【補足】
多重債務から抜け出す方法

不動産購入とカードローン選びのポイント

人間が生活をするためにはしっかりとした住まいを確保する必要があります。それゆえにたくさんの人が、賃貸のアパートに住んだり、お金がある人であれば、土地と家を購入する人もいるでしょう。しかし、いくら人生を豊かにするために必要な不動産だとしても、その金額ゆえに、なかなか簡単には購入することができるものではないということは多くの人が実感していることでしょう。そのようなときにお勧めなのが、カードローンによって、不動産を購入するということです。ローンというものは、お金を借り入れて、ある程度の期間において分割して返済していく形をとるものですが、多くの金融機関が業務として行っているものです。たくさんの金融機関から、どのようなカードローンを選ぶかということは、とても大切なものとなっていますので、そのポイントは抑えておきましょう。
(⇒住宅ローンとカードローンの関係

まずは、お金を借りる際に同市も手ついて回ってくる実質年率というものです。金融機関といっても各種銀行をはじめとして信託銀行や消費者金融というものがありますが、基本的に銀行は審査が厳しいですが金利が比較的安いという特徴があります。より金利が低いところにおいて、不動産購入におけるカードローンを組むことをお勧めいたします。また、返済方法によって種類がありますので、自身のスタイルに合った方法を取り入れることが大事なものとなっています。

基本的には、毎月お金が引き落とされるのが一般的となっていますが、元金とそれに伴う金利を合わせた額が、毎月となるように引き落とされる元利均等返済と、一定額の金利とそれにともなう金利を毎月払っていく元金返済方式というものが有名です。元金均等返済というものは、アモチとも呼ばれるものであり、住宅ローンなどの高額な伽寝具の返済においてよく利用されるものの一つとなっています。もちろん、これらのローンを組む際には審査に合格する必要があるので、収入があるという証明書と同時に、身分を証明する書類を準備しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.