転職後のカードローン審査で気をつけること

キャッシングベスト3

転職後のカードローン審査は要注意!?どこに気をつければいい?

自分のやりたい職業には就けなかったことを、ずっと悩んでました。最近になって思い切って転職したものの、給料が減ってしまって今度はお金のことで悩んでます。

カードローンでも借りるかと思っているんですが、勤続年数が重要視されると聞いたので、転職後は審査に通るのは難しいでしょうか?気をつけた方がいい点とかありますか?

勤続年数以外にも審査には重要視される点があります!

転職は決して珍しい事ではありませんよね。特に近年は、以前と比べてやりたい仕事を求めて転職する方も少なくありません。昔のように、卒業後就職したら一生そこで働くのが当たり前という風潮は既にないと言ってもいいでしょう。

でもお金を借りる上では、やはり転職は今でもネガティブな要素のひとつではあります。ただし金融関係の審査ですから、重要視されるのは収入が安定しているかどうかという一点のみ。金融業者にとっては、その人の収入さえ安定しているのであれば、何度転職したって構わないはずです。(参考ページはこちら→融資で年収が重要視されているワケ

でも職を転々とするような人は、またすぐに転職したり、場合によっては無職になるんじゃないかという心配もありますよね。無職になれば、たちまち返済は難しくなってきます。返済能力を考えれば、転職は金融業者にとってはやはり余りお金を貸したくない人の特徴だと言わざるを得ません。

でもそのような人でも、家族があって自宅も持ち家だったりすれば、転職はしても意外としっかり生活はできているんだということが分かります。一方で職を転々としており、独身で借家や社員寮に住んでいる人だとしたら、かなりその印象は変わってきますよね。同じ転職組でも、それ以外の要素によってその人の人物的背景が見えてきます。業者はそのようにして総合的に返済能力を判定しているんですね。

このように転職のために勤続年数が低くても、それ以外の要素もまた審査においては重要なんです。家族や住宅のこと、また現在の職業の職種も大きなポイントになりますよ。ただし家族や住居のことで嘘の申告をするのは、後々問題になるので決してしないように。例えば未婚なのに既婚としたり、賃貸なのに持ち家と記載するのは厳禁です。

また職種など分かりやすく申告することで、キャリアアップをしているということが伝わることは十分に考えられます。その点洩れのないよう、しっかりと記載するようにしましょう。逆にキャリアがダウンしてしまった人も、嘘をつくよりは正直にちゃんと申告する方が、審査においてはまだしも有利です。くれぐれも虚偽の申告だけはしないようにしましょう。

転職後のカードローンで気をつけること

転職後のカードローンでは、前の職場から次の職場まで働いていない期間利用される方が多いです。それは前の職場から次の職場までの働いていない期間では、給料が発生しないために、収入が無くなってしまうからです。そのための一時的な生活費を得るために、カードローンを利用される方が多いのです。しかしこの収入が無い期間は、収入が無いためにカードローンの審査で落ちてしまうのではないかと思われる方が多いのですが、実際には審査を通ることは可能であり、カードローンを利用できるのです。(参考ページはこちら→転職前にカードローンを作っておく為に

転職後のカードローンの審査では、転職後の会社に在籍していることを証明して、カードローンの審査を行うことになります。そのため収入が無い状態でも、転職先が決まってされいれば、その会社に在籍していることを証明し、審査を行うことが出来るのです。そのためには金融機関は在籍確認を行う必要があります。この在籍確認では、金融機関が勤務先に電話の連絡をし、勤務先に在籍しているか確認をします。転職後に在籍確認において気をつけなければならないことは、審査の時に勤めている会社を前の会社にしてはいけないということです。

勤めている会社を、転職前の会社にしてしまうと、その会社にはすでに在籍していないために、在籍確認を行うことが出来なくなってしまい、審査が通ることが無くなってしまうからです。在籍確認を行うことが出来ない場合には、収入が無いためにカードローンを利用することが出来なくなってしまいます。そのため審査では転職先の勤務先を書くようにしましょう。このように転職後のカードローンの利用は可能ですが、出来ることならば転職前にカードローンの審査を申し込み、そして転職前に利用できる状態にしておきましょう。やはり収入が無い場合には、審査が厳しくなってしまう場合があるので、転職先が決まったのならば、前の職場に勤めている最中にカードローンを申し込み、そして利用開始をしておいたほうが理想的です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.