カードローンを利用中ですが、転職したら連絡が必要ですか?

この前、転職したばかりの者です。転職するまでの会社には6年間勤めたのですが、このたび親戚が会社を立ち上げるのでどうしても手伝ってほしいと言われ、決心しました。転職した後になって初めての返済日が来た時に、カードローンの返済中だったことを思い出して、そういえばカードローンを利用中に転職したら連絡が必要なのかどうかが気になり始めました。このような場合には連絡が必要ですか?(参考ページはこちら→カードローンの利用中に転職したら

カードローンを利用中であれば、転職したことの連絡が必要です

カードローンって、もともとその人の信用をもとにお金を貸し出すシステムだということはご存知だと思うんだけど、その信用をどうやってはかっているのかというと、その人の属性をもとにするのよね。細かく言えば、その人の年齢だったり年収だったり、それから勤務先や勤続年数だったりするわけなのよね。実際に、よく名前の知られた大手の会社に勤めていればその分信用が増すこともあるし、勤続年数は長ければ長いほど辞めにくいと思われて信用は高くなるの。

そういう、書類に書かれた情報をもとに、この人にならお金を貸してもいいとカードローン会社が判断したから、あなたはお金を借りることができているのよね。その中でも、年収って最終的にいくらお金を貸せるかを判断するもとになるものでもあるから、審査の上ではかなり重視される部分なの。でも、転職すると、お金を貸していいかどうか判断するために使った材料が変わってしまうことになるのよ。

特に、あなたが借り入れをしている会社が銀行ではなく消費者金融なら、年収に対してどれくらいの割合を貸しているかは法律も関わって来る問題になるの。総量規制って聞いたことがあるかもしれないんだけど、消費者金融が守るべき法律に定められている、年収の3分の1までしか融資をしてはいけないという決まりのことね。年収の変化の仕方によっては、この決まりに反してしまう可能性もあるの。(参考ページはこちら→消費者金融からの融資は年収が大きく関わる

だから、カードローン会社にとって、転職したりして給料が大きく変わったということはとても大切な情報になるのよ。ただし、転職を知らせたことによって、今借り入れをしているお金の借り入れ条件がすぐに変わるということは無いから心配しないでね。今後、カードローンを継続して利用する場合、次の借り入れをしようとした時にはあらたな情報をもとに審査が行われることになるわ。だから、転職したことはカードローン会社に連絡することが必要なのよ。

カードローン利用時の転職の連絡

カードローンを適切に利用していくためには利用者の状況が変わったことの連絡は大切なものとなります。転職を行った際には勤め先の連絡と収入証明を行うことが必要となり、このような連絡をしっかりとすることによってより良い利用ができるようになります。転職前よりも良い活用ができるものとなるため、連絡をして契約の見直しをすることによって場合によっては金利を引き下げることができたり、利用可能枠を拡大することもできます。またこちらから連絡を行わなかった際には金融会社から受けることもあるので、このような際には早めに契約の見直しを行うことをおすすめします。

カードローンは上手に活用していくことによって生活にゆとりを持つことができるので、より良い利用をしていくためにはこのような機会にしっかりと契約の見直しをしていくことも重要となります。転職前よりも契約内容が不利になるといったケースを心配される方も多いことと思いますが、一括で返済をするように求められたり金利が高くなるといったことはありませんので、自分の状況が変わったときには電話や契約機などで手続きを行うことでより良い利用ができるようになります。より良い利用のためには金利や手数料を余分に払うことを少なくすることが大切となります。

このような契約の見直しによってより低い金利で利用できるようになることも期待できるため、しっかりと自分の状況に変化があった際には報告をして再審査を受けるのも良いと思います。また金融会社によっては専用の窓口を設置していることもあるので、案内に従って行っていくことによってとても簡単に行うことができます。最近は各金融会社の対応はとても丁寧で親切になっているため、気軽に相談をすることができるようになっています。より利用しやすいように考えてもらうこともできるので、このような機会や返済についての相談はとても気軽に行うことができるようになっています。

【こちらも参考に】
転職前後ならいつカードローンに申し込む?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.