カードローン審査における転職のデメリット

キャッシングベスト3

カードローン審査を申し込む時に転職のデメリットがあるの

転職のデメリットというのがこの国では長く言われていて、1つのところに勤め上げる方がいいというように、今でも考えられているでしょう。ただ、転職のデメリットというのはそういう仕事だけではない部分にもあるというように聞きました。

例えば家族であるとか金融なんかにも影響していて、カードローンでもマイナス面があるという話を聞いたことがあります。転職のデメリットはカードローン審査にもマイナスに働くというようなことがあるんでしょうか。(参考ページはこちら→転職は何故カードローンにとってマイナスなのか

カードローン審査に転職のデメリットはいくつかあげられる

まぁいくつかのカードローン審査における転職のデメリットというのは直接的ではないにせよ考えられるところではあります。転職には当然メリットも有りますから、カードローン審査に置いてメリットがないわけではありません。

例えばまずメリットとしてあげられるものは年収や収入が変わることです。収入が上がって大企業などに転職すれば安定することになります。これはカードローン審査で非常に大きなプラスになりますから、審査が通りやすくなることは間違いないでしょう。

逆に転職のデメリットはこれが悪い方に働くことです。年収が下がって安定しない職に就くということもあります。こうなれば、審査ではどうしてもマイナスイメージを持たれてしまいますから、なかなか考えているようには審査は通らないかと思います。

それだけではなく年収などが変わらなかったとしても、転職活動中というのはカードローン審査ではあまりいいようには考えられていません。パート・アルバイトから違う会社のパート・アルバイトに変わったとしましょう。その時転職活動中であれば働いていないとみなされますから、カードローン審査では無職扱いになって非常にマイナス評価を受けることになります。
(⇒パートとアルバイトは本当に融資を受けられないのか?

この辺りはそこまで知られていませんから、カードローン審査と転職がバッティングしてしまうことがあり、転職のデメリットが全面に出てしまうこともあるのです。ですので必ず会社に在籍している時に申し込みをしましょう。そうすればメリットが強く出るでしょうから。

カードローン審査で転職のデメリットについて

キャッシングカードローンを申込みをして、転職した場合の審査のデメリットですが、その申込みの時期によります。転職したばかりでのカードローン審査だと、審査で重要視されるポイントのひとつに勤続年数があります。勤続年数が短く入社したばかりであるという場合は、審査にあまりプラスになるポイントではありません。その他にも、転職のデメリットとしては、収入証明書を提示を求められる場合です。貸金業法では、限度額が50万円を超える場合または他社での利用残高と契約する限度額の合計金額が100万円以上になる場合は収入証明書の提示が必要になります。
(⇒収入証明は何故必要になるのか

これが、転職して入社したばかりだと給与明細書も発行されていなく、基本給与明細書は2ヶ月分の提出が必要になります。そうなると収入証明書の準備ができないことになります。また、カードローンはすでに利用していて、最初にカードローンの契約をした時と転職して勤務先が変わった、勤務先変更だけでなく、引越て住所が変わった、電話番号の変更といった、変更事項があった場合は、速やかにカードローン会社に連絡をしなければなりません。一応契約書には、変更事項があった場合にはすみやかに連絡することと記載があります。

その連絡を怠ると一括請求されることがあると明記されている場合があります。ただ、変更の連絡が遅れたからと言って本当に一括請求されることは稀なケースなのですが、きちんと報告をしないとカードローン会社にとっては正確な与信判断ができないことになります。転職をして、年収が下がったとなると総量規制により年収の3分の1以下と貸付金額は制限されているため限度額が減らされることもあります。ただ、転職して年収が増えたから増えた年収を申告したからといって限度額が増額することはありません。申告しただけでは限度額が増額にならないので、限度額の増額を希望する場合は、審査の申込みをしてからの判断になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.