カードローンは転職直前でも作ることができますか?

来月、転職する身です。転職先の詳細情報を見ていて驚いたのですが、給料は月末締めの翌月5日払いとなっていました。今の会社は20日締めの25日払いなので、次の給料日は再来月となってしまいます。そこで問題になるのが支払いです。クレジットカードの引き落としが27日なので、今月と来月の2回分、家賃も月末払いなので今月と来月の2回分が必要となってしまい、今月分は今まで通り何とかなるのですが、来月分が給料日前に引き落としとなるので足りません。

そこでカードローンでお金を借りようと思うのですがカードローンは転職直前でも作ることができますか?在籍確認をした時に受付の子がおしゃべりなので「今月いっぱいで退職します」みたいなことを、もし言われたとしたら最悪なのですが、在籍確認ではどの程度会社の人と話しをするのですか?どうせ辞めるので借りようとしていることが噂になっても構わないのですが、退職することがカードローン会社に知られると審査にマイナスになってしまいそうなので避けたいです。

在籍確認では借入れがバレるような話しはしません

カードローンの審査では勤続年数や勤務先の情報が必要になるので転職直前に作っておくと便利。転職後に作るよりも勤続年数が長いので審査に通る可能性は高くなりますね。カードローンのカードは借入れをしなければ費用もかからないので、いざという時のために持っていると安心できます。

転職してすぐの引き落とし。給料日が引き落とし日の後になってしまうとその月の引き落としができませんよね。そこで引き落とし分を借りて給料ですぐに返済というパターンなら無利息金利のところで借りると金利0円もあり得ますね。

気にしている在籍確認ですが、借り入れがバレるような話しはしませんし、「○○さんをお願いします」「○○ですね、少々お待ちください」不在なら「○○は外出中です」のように在籍していることが分かるといいので、それ以上のことを聞くことはありませんよ。

【参考ページ】
カードローンの在籍確認について

転職直前のカードローン申込みについて

カードローンの申込みをしたいが、来月から転職して新しい勤務先になる。そうような転職直前の場合、カードローンの申込みは退職する会社で申し込みをするのかそれとも転職先の新しい会社名を申込書に記入するのかどちらで申し込みをするのかということになります。審査の基本は、現時点の内容になります。来月から転職しようが退職して無職になろうが、現時点会社勤めをして働いていれば、現時点での勤め先での審査となります。将来のことで審査をすることはありません。(参考ページはこちら→転職前後のカードローン申し込みについて考える

まだ、入社をしていないのですから働いていないことは当然なのですが、内定を辞退して別の会社にする可能性もあります、また辞退して無職になることもありますので、現時点の内容で審査を行います。現時点の内容で審査するわけですから無職になる予定の人は、退職する前に申込みをしておいたほうが借りれることになります。無職になってから申し込みをすると、申込みをすること事態できません。ただ、転職前に借りれたからといっても勤め先に変更があった場合は速やかに連絡をしなければならないとされています。契約書には、自宅の住所や勤務先、電話番号、結婚や離婚等で姓が変更したなどの変更事項があった場合は速やかに報告すると明記されています。
(⇒無職だとカードローンは作れない?

もし、これを怠っていて変更事項があるにもかかわらず連絡をしていなかったことがあると一括で請求されることがあると明記されている契約書もあります。ただ、本当に変更事項があっても連絡しなかったからとてすぐに一括請求されることはありません。そのような場合もあるということだけですので、一括請求されることは悪意があるなど稀なケースです。そして、注意しなければならない点は転職をして年収が下がってしまった場合です。総量規制により借りれる金額は最大で年収の3分の1までとされていますので、年収が下がった場合は限度額も下がってしまう可能性もあります。年収の3分の1以下まで残高を減らさないと借り入れができなくなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.