転職する前と後、どちらでカードローン審査受けるべき?

どこかでカードローン審査を受けるタイミングというものが決まるかと思いますが、カードローン審査を受けるタイミングとして転職をするかどうかによっても変わると思います。カードローン審査を受ける時に転職を予定していたとして、転職前か後かどちらで審査の申し込みをしたほうがいいのでしょうか

こちらのほうがいいというタイミングがあればその理由なども一緒に教えてもらえれば助かります。もうすぐ転職する予定ですから、それまでにカードローン審査を受けておいたほうがいいかなと個人的には思うのですが…

転職前にカードローン審査を受けたほうが有利な理由

今の時代、ひとつの会社にずっと勤めているという人のほうが珍しいと思いますが、それならば転職をするタイミングでカードローン審査をどうするか?というのはかなり悩ましいと思います。カードローン審査を受けるタイミングとしては転職の前の方がいい、と基本的にはkンが得られています。その理由は勤続年数と年収にあります。

まず勤続年数ですがこちらは長ければ長いほうが信用が高いという傾向にあります。つまり勤続年数が長くなるのは転職前のほうが確実に長いわけですから、その時にやっておいたほうがいいということです。逆に転職後では勤続年数が1年未満となってしまい、審査に悪影響を与える場合もありますから注意しましょう。

また年収についても同様で、高い方がいいとされています。日本の場合、転職をしたらかなり高い確率で年収が落ちるというように言われています。統計的にも年収を下げて転職した人は少なくないので、高いうちにカードローン審査を受けておいたほうがいいでしょう。ただし格段に引き抜きで上がるというのであれば、その時に行っても問題はありません。

重要な事は転職のタイミングというよりも、自分の収入や職業の安定性がわかるような時にカードローン審査を受けておいたほうがいいということです。だいたいの人が転職前のほうが有利に動くと思いますので、一般論としては転職する前にカードローン審査を受けたほうがいいとアドバイス出来るでしょう。

【参考ページ】
転職直後でもカードローンを使うなら

カードローン審査は転職する前が良い?後が良い?

消費者金融会社でお金を借り入れるにはカードローンの契約をしなければなりません。申し込みをする場合には、職業を記載して電話で職場への在籍確認がされます。消費者金融会社においての審査では、なるべく職場には長く勤務している方が印象が良いために、カードローン審査の時は転職した後に受けるよりも、転職する前の職場で審査を受けることが重要です。転職したばかりで、審査を受けることは、その職場において勤続年数が短いために、仕事をすぐに辞めるのではないかと不安材料の1つになることがあります。
(⇒カードローンの在籍確認における基礎知識

そのように審査を受ける場合には、いろんなことに対策をとってから、受けた方が1回でスムーズに受かります。例えば、他の金融機関からの借金がある場合は、返済してから審査を受けるべきです。それは、他の金融機関からの借り入れがあると、果たして本当に返済ができるかどうかという不安材料になるからです。基本的に年収の3分の1を超えていなければ問題ありませんが、超えていれば致命的になります。その他には、配偶者がいれば、配偶者は仕事をしているかどうかということです。独身と既婚者では、評価的には当然独身者が良いですが、既婚者で配偶者が仕事をしていることで、もし契約者が返済できない時の肩代わりとして配偶者に支払いをしてもらうためです。(参考ページはこちら→年収の三分の一を超えて借りられない理由

給料が1口であることと、2口であることは、世帯年収も2倍になるので、重要なことになります。よって、配偶者がパートでも良いので働いているという事実が必要になります。これらのことに対策をとることで、間違いなく審査に通ります。また、消費者金融会社では銀行と違い基本的に保証人は必要ありません。あくまでも消費者金融会社は本人を信用しているので、借りる側は、お金を貸してもらう以上は、必ず返済できるように計画を立ててしっかり返さなければなりません。もし返済が遅れてしまうと、自分の家族が肩代わりしないといけないので、それだけは避ける必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.